[表紙] > [徒然不定記] > [個別アーカイブ:アオイシロと海ぶどう]

2006年8月 4日

アオイシロと海ぶどう

「アオイシロ」公式ページが早くも更新されていますね。主人公の名前は、小山内梢子、ヒロイン(のひとり)は、相沢保美。
 しかも、ほんまPの一言コーナーによると、ちゃんと百合作品!(^_^) いやー、さすがファンのことを分かってらっしゃる(笑)。
 さらに、ドラマCDの通販ページもオープンしています。購入者特典のページも復活しているので、特典を取り損ねたという方はお早めに!

 さて、そんな「アオイシロ」の主人公、小山内梢子ちゃんですが、ラフスケッチの中に、「海ぶどう」と書かれた変なTシャツを着ている絵があります。
 で、近所のスーパーにこの「海ぶどう」が売っていたので、記念に買ってしまいました(^^;)。

20060804_umibudou1.jpg

 そもそも、海ぶどうというのは、

緑藻類イワヅタ科の海草であるクビレヅタのこと。細かい実のなった葡萄のような見た目から名づけられた。
Wikipedia日本語版 - 日本の珍味の一覧 - 沖縄の珍味

というわけで、沖縄の食べ物なのであります。

 買ってきた海ぶどうは海水に漬かっているので、水にさらして塩抜きし、流水で洗って表面のぬめりを取り除きます。あとはお皿に盛って完成。
20060804_umibudou2.jpg

 「わさび醤油や和風ドレッシングに付けてお食べください」とのことだったので、ゆずぽんをつけて食べることに。食べると、口の中で丸い粒のプチプチとしたなんとも不思議な食感が広がります。
 味は海草ということもあって、あまり強いものではありません。ただ、潮の香りは心地よいですね。
 量がさほど多くないこともあって、あっというまに食べ終わってしまいました(^^;)。

 今日の晩ごはんは、この他に豆腐チャンプルーも作ったので、すっかり沖縄気分でした(^^;)。

[PR]




以下のサイトや書籍等が参考になるかもしれません


Comment on "アオイシロと海ぶどう"

"アオイシロと海ぶどう"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

Trackback on "アオイシロと海ぶどう"

このエントリーのトラックバックURL: 
※ トラックバックを送信する際は、トラックバックspamフィルタの適用についてを熟読の上、送信をお願いします。この記事へのリンクの無いトラックバックは受け付けられません。

"アオイシロと海ぶどう"へのトラックバックはまだありません。