[表紙] > [徒然不定記] > [個別アーカイブ:時をかける少女]

2006年8月29日

時をかける少女

 話題の劇場アニメ「時をかける少女」を見てきました。公開当初からずいぶんと評判がよいのは知っていたのですが、実は私、「時かけ」って見たことないんですよ。あんまり映画とか見ない人だったので。
 ですが、先日会った大学時代の先輩が絶賛していたのと、池袋(仕事場から行きやすい)での上映が今月一杯ということを聞いて、腰を上げて見に行った、というわけです。

 というわけで、見てきたのですが……いやー、良かったですわ。うん。ちと泣けた。

 主人公、紺野真琴は、活発な、今時の女子高生。偶然手に入れたタイムリープ(時間跳躍)能力を、自分のためだけに使う。でも、それが自分を取り巻く人々に影響を与えることを知って、自分の周りの人のためにその能力を使い、そして何度もやり直す度に、少しずつ未来が変わっていく……。

 特筆すべきすごい点、というのは無くて、手堅くまとめてるな、という印象。でも、映画の世界に引き込む力は凄かった。手抜きが無くて、フィルムに絶対的な自信を持ってるな、という感じ。キャラクターの動き、美術、演出、音楽、さまざまな要素が非常に高いレベルで融合してると感じました。
 特に、主人公、真琴の心理描写は本当に良かった。始めのただの活発(というかバカ)な女の子が、悩んで、苦しんで、自分なりの答えを見つけようとしていく様が感動的でした。

 シナリオ的なポイントは、真琴がタイムリープした際に、記憶をそのまま持っている、という点でしょうか。だから、本人は「やり直した」つもりでも、それは「新たな選択」になっている。最後まで、その「選択」が正しかったのかどうか、真琴には分からない。それはきっと誰もがたどったことのある道で。だから、真琴の涙が心にしみるのだと思います。

 まあ、いろいろ理屈をこねるより、実際に見てほしいです。非常に爽やかな青春映画の傑作、と言っていいと思います。
 特に、原作(過去の映像化作品)をご存じの方は、原作のさまざまなギミックがあちこちに仕掛けられているので、より楽しめると思います(私はほとんど知らないからなー。それっぽいとは分かっても正確な意味は理解できないので悔しい)。

 最後にひとつだけ。自転車の整備はきちんとやりましょう(笑)。

photo
時をかける少女 絵コンテ 細田守
アニメスタイル編集部
スタイル 2006-07

by G-Tools , 2006/08/29

photo
時をかける少女
筒井康隆 大林宣彦 原田知世
PI,ASM/角川書店 2000-12-22

by G-Tools , 2006/08/29

photo
時をかける少女 〈新装版〉
筒井 康隆
角川書店 2006-05-25

by G-Tools , 2006/08/29

以下のサイトや書籍等が参考になるかもしれません


Comment on "時をかける少女"

"時をかける少女"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

Trackback on "時をかける少女"

このエントリーのトラックバックURL: 
※ トラックバックを送信する際は、トラックバックspamフィルタの適用についてを熟読の上、送信をお願いします。この記事へのリンクの無いトラックバックは受け付けられません。

"時をかける少女"へのトラックバックはまだありません。