[表紙] > [徒然不定記] > [個別アーカイブ:2007年冬新アニメ感想]

2007年2月 5日

2007年冬新アニメ感想

 蓋を開けてみれば、百合っぽい作品が多い気が。
 というか、そういう作品しか見ていない私が悪いのか……。

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!

 ただのドタバタ系かと思いきや、以外と重いテーマを扱ってるのが意外でした。ただ、問題を乗り越える過程にリアリティが少ないので、ちぐはぐな印象を受けますね。
 友情百合ものとしては悪くないと思う。
 ハンドクラップ(拍手)のBGMが小気味よくて好き。

Venus Versus Virus

 OPの百合くささに激しく釣られる物の、本編はびみょー。魔物退治物としては、「武装錬金」の出来の良さが光るだけに。

ひだまりスケッチ

 まったり。不安要素はあまり無い代わりに、百合要素も少な目な感じ。原作は読んだけど、イマイチ相性が合わなかったので、これも継続するか微妙。

セイントオクトーバー

 3話にて、白いのが百合と言うことが判明。ただ、話がおもしろくないんだよなー。
 録画だけして、ネット上の感想で百合エピソードがあると判明したときだけ見る予定。

レ・ミゼラブル 少女コゼット

 百合じゃないけど。
 放送前にはキャラデザが物議を醸していたけど、内容はかなりまっとうに「名作劇場」をやってる感じ。痛々しくて、正直、飯時にはツライ。それでも絶望にとらわれずに生きるコゼットの姿には涙する。
 とりあえず継続。

yes! プリキュア5

 今までのプリキュアシリーズは、絆を中心に描いてきたと思うんだけど、今回は「夢」がテーマのよう。で、こういうテーマは嫌いじゃない。「ヒロインドリーム」とか「カレイドスター」とか、大好きだしね。
 まあ、ひとりで変身・敵をやっつけちゃったのにがっくりしたのも事実ですけどね。
 とりあえず、のぞみには、男なんかに目もくれず、夢を追いかけてほしいです。そして、緑と青の人は、後ろで思う存分いちゃついていてください(笑)。
 しかし、バッタ怪人はその前の番組的に良いのだろうか……(^^;)。


[PR]

以下のサイトや書籍等が参考になるかもしれません


Comment on "2007年冬新アニメ感想"

>バッタ怪人
もはやライダーなのに電車で移動する世の中ですから(笑)
バッタとかバイクとか、関係ないところまで私たちは来ているのでしょう。電王最高。
百合関係ない書き込みでゴメンナサイ。

  •   伊月
  • 2007年2月11日 03:35

意外と評判いいみたいですね<電王
ライダーは、旧シリーズしか知らなくて、平成版はちっとも見てないのでよく分かりません(^^;)。

ところで、黄色が瞳子に見えてしまうのは私だけでしょうか?(^^;)<プリキュア5

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

Trackback on "2007年冬新アニメ感想"

このエントリーのトラックバックURL: 
※ トラックバックを送信する際は、トラックバックspamフィルタの適用についてを熟読の上、送信をお願いします。この記事へのリンクの無いトラックバックは受け付けられません。

"2007年冬新アニメ感想"へのトラックバックはまだありません。