[表紙] > [徒然不定記] > [個別アーカイブ:ニコニコのアイマスMADは、もうひとつのステージかもしれない]

2007年8月 4日

ニコニコのアイマスMADは、もうひとつのステージかもしれない

 アイマスをプレイしたことのない人間が言うのもあれなんですが。

 最近になって、ニコニコ動画にこっそりとアイマスMADを上げているのですが、それをやっていて感じたのは、「これって、アイドルマスターというゲームそのものじゃないの?」ということでした。

 アイドルマスターというゲームは、プレイヤーがプロデューサーとなって、アイドル候補生たちをトップアイドルに育てていく、というゲームです。プレイヤーはさまざまなレッスンによりアイドル候補生たちの技量を高め、オーディションを通じて、ファンを獲得していくことになります。
 プロデューサーの仕事の中心は、レッスンなど本番に出るまでの下準備と、ステージで歌う歌の選曲、どのオーディションに出るかのタイミングの決定。彼女たちがステージに立ったらあとは見守るだけです(アピールポイントの指示とか多少はできることありますけど)。
 そして、それを繰り返して、少しずつファンを増やしていくことが目標になるわけですね。

 これが、ニコニコ動画だとどうなるか。
 作り手のやることは、素材選び(選曲)と編集(演技指導)がその時間の大半を占めることになります。そして、どのタイミングでアップするかを決めるまでができる事(すでにアイマスMAD PV界での流行の波というのができていますので、アップロードするタイミングというのはある程度意味を持ちます)。
 アップロードしたあとは見守るだけ。そして、それがニコニコ視聴者の共感を得られれば、再生数やコメントをたくさん貰える=ファンが増える、というわけです。ゲーム本編と似ていますよね。

 もちろん、細かいルールはまったく違いますが、アイドルマスターのMAD PVを作る人がこれだけ大勢いる理由の一つには、この「アイドルマスター的な要素があったこと」があるのではないでしょうか。
 アイマスMAD PV界で、アップロードした作者のことを、ゲームでの表現に習って「○○P(プロデューサー)」と呼ぶのが慣例になっているのも、そういった要素を感じ取っているからだと思います。

 こういった、「ゲーム外ゲーム」というのが今までまったく無かったわけではないのでしょうが(ガンパレードマーチとGPM21とか)、ここまで盛り上がってる例は少ないんじゃないかと思います。
 また、製作者の手を離れてさまざまな作品が作られる、ということ自体は、同人誌という活動の場がすでにあります。それとの違いを挙げるとしたら、再生数やコメント数により人気度が可視化されているということと、コメントの入れやすさでしょうか。

 前者については、「週刊アイマスランキング」という、人気を可視化する事に特化した動画自体が大人気なことからも、大きな要素だと思っています。
 人気度は気にしないという人もいるでしょうが、自分の作った作品をたくさんの人に見てほしいという欲求は、多くの製作者が持っている気持ちだと思います。

 また、自分の作品を見てもらった人からの感想というのは、次の作品を作るためのモチベーションとなる事が多いのですが、ニコニコのコメントを入れやすい空気というのは、ものすごいメリットだと感じています。実際、私もコメントが無かったら、2作目以降のMADを作っていたかは分かりませんし。

 あと、個人的には、絵心が皆無な人間(私だ)でも、ビジュアル要素で勝負できる、というのが嬉しい点ですね。やっぱり、絵(アイマスの場合は動画だけど)で訴える事ができるというのは強いですよ。

 今のアイマス人気がいい事なのか、いつまで続くのかはまったく分かりませんが、私としてはもうしばらく作る&見る事で楽しませてほしいと思っています。

以下のサイトや書籍等が参考になるかもしれません


Comment on "ニコニコのアイマスMADは、もうひとつのステージかもしれない"

"ニコニコのアイマスMADは、もうひとつのステージかもしれない"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

Trackback on "ニコニコのアイマスMADは、もうひとつのステージかもしれない"

以下1件のトラックバックはこのページのエントリー"ニコニコのアイマスMADは、もうひとつのステージかもしれない"を参照しています。

このエントリーのトラックバックURL: 
※ トラックバックを送信する際は、トラックバックspamフィルタの適用についてを熟読の上、送信をお願いします。この記事へのリンクの無いトラックバックは受け付けられません。

» "次世代アイマスへの夢"">次世代アイマスへの夢

  • 2007年8月19日 14:17
  • from Yoshikawaの出張所

本家ではもうちょっとこれ以上アイマスネタを書きづらいので、こちらでひっそりとw   #以下、このエントリーはあくまで個人的な妄想を書いたもので、私の所属... [続きを読む]