[表紙] > [徒然不定記] > [個別アーカイブ:ソルフェージュ ~Sweet Harmony~ 幸村ちほ編]

2009年1月 2日

ソルフェージュ ~Sweet Harmony~ 幸村ちほ編

ソルフェージュ、二人目は幸村ちほ。主人公、かぐらの幼なじみで、元気で明るい子です。

ちほちゃんのかぐらへの想いは、プロローグでもある程度仄めかされているのですが、本編序盤はそういったシーンはほとんど無し。かぐらの視線も、基本的にはすくねに向いています。二人でじゃれあってるシーンはたくさんあるんですけどね。
物語が展開するのは、やはり、後編、個人ルートに入ってから。今回も、かぐらは学苑のコンクールにノミネートされてしまいます。それもデュエットで。そのため、二人はかぐらのパートナーを見つけるために東奔西走するわけですが......。

ちほルートに入るには、前半の分岐で決まるわけですが、この分岐はちょっと分かりにくいですね。素直に攻略サイトを頼った方が無難かと思います。

後半は相変わらず一本道。そして、結構な長さ。ですが、その分、二人の転機となるシーンは、印象深いものがありますね。

そして、一年生編を終えたあとは、すくね同様二年生編に。すくねシナリオでは、織歌の方が主にかぐらに関わってきましたが、ちほシナリオでは、未羽の方がおもに関わってくる感じですね。
総じて、この2年生編の方が、百合度は高い印象です。1年生編では、深い友情やパートナーとしての絆、といった言い方もできましたが、2年生編では、もっと強い、恋愛感情を現してくるようになりますので。PSP版とPC版を比べる場合、百合目当ての人なら間違いなくPSP版をおすすめします(笑)。

また、このシナリオでは、天野先輩に対する印象がだいぶ変わるのも面白かったです。すくねシナリオでは、完全に悪役といった感じで、本当に攻略キャラなのかと思える有様だったのですが、ちほシナリオでは、ややツンデレといったおもむきも。これは、天野先輩シナリオが楽しみになりましたね。


ちほ編のメインテーマ曲「friendliness」は、比較的易しい曲。テンポもそれほど早くないですし、同じタイミングでボタンを押せばいいフレーズが長いので、打ちやすかったです。



ソルフェージュ~Sweet harmony~(限定版)ソルフェージュ~Sweet harmony~(限定版)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ソルフェージュ~Sweet harmony~(通常版)ソルフェージュ~Sweet harmony~(通常版)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以下のサイトや書籍等が参考になるかもしれません


Comment on "ソルフェージュ ~Sweet Harmony~ 幸村ちほ編"

"ソルフェージュ ~Sweet Harmony~ 幸村ちほ編"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

Trackback on "ソルフェージュ ~Sweet Harmony~ 幸村ちほ編"

このエントリーのトラックバックURL: 
※ トラックバックを送信する際は、トラックバックspamフィルタの適用についてを熟読の上、送信をお願いします。この記事へのリンクの無いトラックバックは受け付けられません。

"ソルフェージュ ~Sweet Harmony~ 幸村ちほ編"へのトラックバックはまだありません。