1995年1月アーカイブ

 なぎさちゃんの2番目の歌。非常にノリのいい曲で、 聞いてるだけで元気が沸いてくる、そんな感じです。
 ちなちなの歌の方向性を決定付けた曲、といって過言では無いでしょう (^^; ちなちな自身もお気に入りの歌だそうです (アルバム版よりもTV版の方が好きだそうです)。
 この歌、タイトーの通信カラオケ X2000に入りました! 選曲番号は 200-21 です(MAC21では32499)。 みなさん、大声で歌いましょう(命令)。曲の出来もなかなかのものです。

 「超くせになりそう」のなぎさちゃんのデビュー曲。作品中で歌われた回数も多いです。
 余談ですが、この歌、1話と、2話以降は別録音だそうです。 そのためか、改めて1話の歌を聴いてみると…… すっげぇ、音、外れてます(^^; わざとなのか、こうなってしまったのかは判りませんが (こうなってしまった、ような、気も、する(^^;))。
 いつのまにか、X2000にこの歌が入っていました。 選曲番号は 200-20 です(MAC21では36037)。ただし、"X2000専用曲" となっており、 一部のカラオケシステム(ALISA3など)では歌えないようです。

 過労で倒れたなぎさちゃんの代役に選ばれた少女。 声も姿もなぎさちゃんそっくり。 緊張すると、地元のなまりが出てしまうという特徴を持ってる、 どこにでもいる普通の女の子です。
 偶然から白鳥なぎさの影武者を演じる事になり、 苦労もあったけど、なぎさちゃん本人の手助けもあり、無事に代役を努めたのですが、 「赤いカブトムシ」団の手引きもあり、アイドルになる事を目指します (24話)。
 そして、アイドルとして帰ってきたこずえちゃん。 なぎさちゃんに、アイドルとして真っ向勝負を挑むのですが……(30話)。 超くせにしては、ずいぶんまともなシナリオでした(^^;)。 オチはイマイチでしたけど(^^;)

 あるときは大人気アイドル、 しかしある時はけんか好きの男子中学生。 そんななぎさちゃんが繰り広げる、愛と笑いの物語。 個性的なキャラクター、あちこちに散りばめられたパロディ、 そして目一杯聞けるちなちなの声と(^^)。 合言葉は、 「変、変、みぃ~んな、変!」
 ちなちなの本格デビューとなったなぎさちゃん。とにかくかわいいです。 最近のアニメキャラで夢に出てきたのはこの娘だけです(笑)。 それくらいかわいいです。
 BSで放送されたため、知名度がかなり低いのが難点です(;_;)。 DVD出してくれないかな……。

1994年4月~1995年1月/18:00~18:30/BS2/全39話

このアーカイブについて

このページには、1995年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは1994年5月です。

次のアーカイブは1995年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.21-ja