1998年6月アーカイブ

 "魂人(たましいびと)" と呼ばれる、 古代ナスカの戦士たちの転生した人々の争いを描く物語です。
 ちなちな演じる浅川麗奈ちゃんは、主人公、三浦恭資の幼なじみで、 彼の事が好きだったりします。ただ、一般人(≠魂人)なので(^^;)、 不可解な行動をとる恭資や彼の友人たち(=魂人) の不可解な行動に疑問を募らせる毎日です。 おかげで、出番が少ない、少ない(;_;)
 暴漢に襲われそうになるわ、恭資は見知らぬ美女とくっついてるわで、 結構不幸なキャラかも(^^;)

 YATの面々が立ち寄った、カッパド星の女の子。10代後半、かな。カッパド星人だけあって、髪形がカッパ……(;_;)。顔はそこそこかわいいんだけどね。
 ガノン帝国の言いなりになっている父親に反発して、カタマールで固まってしまったYATの面々を救うために奔走していました。最後は、父親の部下たちを説得して、おかげでYATの面々は助かりましたが……。
 自分で言っていた通り(1998/05/27 みさきの部屋 第9回 より)ちなちな度は低めですね。もう少し派手にいろいろやってほしかったな。あと、一部で期待されていた、丹下桜さんとの共演ですが、フレーベちゃんが活躍していたころ、マロンは固まっていたので、直接に話をするシーンはありませんでした(;_;)

1998年6月6日/NHK教育

このアーカイブについて

このページには、1998年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは1998年3月です。

次のアーカイブは1998年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.21-ja