イベントの最近のブログ記事

 2005年8月20, 21日に行われた、TBS系列で放送されているアニメ、および新番組の紹介をメインとしたイベントです。場所は文京区シビックホール。
 私が参加したのは20日なのですが、14:00開始で、終了が21:30という、とんでもない長丁場のイベントでした。
 ちなみさんは、TVアニメーション「AIR」のゲストとして出演。ただ、このAIRがイベントの一番最後で……。最後までいる羽目になりましたよ。

 まあ、ここは西村ちなみファンサイト、ということで、AIRのことをメインに書きたいと思います。

 2005年8月17日、渋谷の国立代々木競技場内「東京プラージュ2005」特設ステージで行われた、meg rockこと、日向めぐみさんのミニライブです。メインは文字通り日向めぐみさんなのですが、「円盤皇女ワるきゅーレ」つながり(「わるQ」を先行放送しているスカパーの企画イベントだった)で、西村ちなみさん(と望月久代さん)がゲスト出演していました。

「カレイドスター」公式ファンクラブのファイナルイベント。2005年2月13日に行われました。

 ……応募、するの、忘れてました(爆)。

 というわけで、レポート募集中(^^;)。

 2004年7月31日(土)、品川シーサイドのパナソニックMMCホールで行われたイベントです。文字通り、OVA版カレイドスター「笑わない すごい お姫さま」の先行上映会&出演者のトークショー、といったイベントです。

 さて、まずはOVAですが……むちゃくちゃハイクオリティ! OPはやや疑問が多いけど(笑)、本編はこれでもかとばかり見どころだらけの作品に仕上がっています。
 話としては、一応、ロゼッタメインのお話。突然の主役に抜擢されたロゼッタの喜びと苦悩、彼女を支える仲間たち、そしてフールの過去、といったさまざまな要素が絡み合っています。
 特に前半はミアの出番も多いので、ちなちなファンとしても買いです(^^;)

座席番号8-1の札。めくると衝撃の映像が!
座席番号8-1の札。めくると衝撃の映像が!

 2004年5月29日、新宿のクラブハウスCODEで行われた、ファンクラブ限定イベント。130人限定という難関イベントでした。出演は、西村ちなみ、大原さやか、広橋涼、千葉進歩、水橋かおり、下野紘。司会は池田プロデューサー。飛び入りで、渡辺明乃、そして佐藤順一監督、という豪華メンバー。
 ちなみさんはドレス風の黒いワンピースで大人っぽい格好。水橋かおりさんは着物姿。ユーリ役の千葉進歩さんはイベント初登場です。また、広橋涼さんは風邪を引いたとかで声がうまく出ないようで、大きなスケッチブックとサインペンを持参しての登場。

 イベント会場としては珍しいこの場所。実は、カレイドスター開始の時に、スタッフの中で行われた打ち入りパーティの場所だったそうです。イベントは前のステージに出演者、フロア内に円卓が置かれての食事をしながらイベントを楽しめる、ディナーショウ風形式。もっとも、イベント中はトークや上映された映像が面白くて、食事に手を付ける余裕は無かったですけど(^^;)
 また、せっかくのイベントということで、一部の座席番号を示す札には、各出演者からの直筆メッセージが。私は「8-1」だったんですが……なぜか、ケン(笑)。だれだー、これ描いたの(笑)。

 2004年4月4日に、四谷のLIVE GATE TOKYOで開かれたライブイベントです。ちなみさんの「あるふぁ~ふぁ」の他、「Everyday≦Sunday」「J.e.t.」「用心棒」という4つのバンドの合同ライブです。

「あるふぁ~ふぁ」は、トップバッターとして登場。いつもは総勢6人のメンバーなのですが、パーカッション(小松氏)とギター(小笠原氏)が欠席で、4人+ゲスト2人、という構成でした。
 メンバー全員とも(ゲスト含め)、上は例のあるふぁ~ふぁTシャツを着用してました。ちなみさんは下はジーンズ地のややタイトなミニスカート。もちろん生脚です(笑)。

 2004年3月28日、横浜ベイホールで行われたイベントです。その名の通り、円盤皇女ワるきゅーレの出演メンバーによるイベントです。
 昼の部と夜の部に分かれていて、昼はトーク中心のイベント、夜はライブイベントでした。出演は、西村ちなみ、望月久代、千葉紗子、飯塚雅弓、緒方恵美。また、ゲストとして、昼の部に鈴村健一、夜の部にメロキュア(日向めぐみ・岡崎律子)が出演しました。

チケット

 2004年2月15日(日)に、東京四谷のライブハウス「LIVEGATE」で開かれたイベントです。その名の通り、ちなみさんの参加するバンド「あるふぁ~ふぁ」のライブです。
 ボルケーノ太田氏の前説のあと、ちなみさんをはじめとするあるふぁ~ふぁのメンバーがステージに登場! ちなみさんは、白い半袖のTシャツに、水色のフリース、そして薄いグレーのミニスカート、足はロングブーツという、春っぽい格好で登場。あぁ、ミニスカが眩しいぜっ(爆)。っていうか、まじかわいかった(爆)。
 まずはちなみさんのタイトルコール。このライブの長い名前を叫んだその後、一般参加者(通常、観客と呼ばれてる人たち)が、「レインボーブリッジ、通過できません!!」と叫ぶ。するとちなみさんが「んなわけねぇだろ!!」という、某映画の有名なシーンをパクッた(笑)シーンからライブ開始。
 ステージ上には、ちなみさんを含め7人のメンバー。その上ドラムやキーボードを始めとしてさまざまな楽器が所狭しと並べてあり、かなり手狭な印象を受けました。
 オープニングは、TLSのみさきのキャラソン「おはよう!」。ライブ開始の曲にはぴったり。続けて、1stアルバム「Chinaism」収録の「Crystal Fantasy」。間奏の部分で、ちなみさんによる、「あるふぁ~ふぁ」メンバー紹介が行われました。
 2曲続けての後は少しちなみさんのトーク。「あるふぁ~ふぁ」の生い立ちや、新メンバーの話題などがちなみさんと稲垣さん(ドラム)を中心に進みました。あと、「一般参加者」という呼び方についての説明。一緒に楽しもう、という理由で「お客さん」ではなく「一般参加者」という呼び方に決めたとのこと。
 そのあとは2ndアルバム「Rhythm & Breeze」から「Luckyをつかむ方法」「月と向日葵」「Emergency kiss」の3曲を。ジャズ風の曲だけに、ゲストメンバーのトランペットとサックスが大活躍。
「月と向日葵」と「Emergency kiss」の間にはちょっとトーク。リハーサルの最中にちなみさんがキーボードを運ぶカートに乗ってぶっ壊した(最大積載量30Kgのカートだったらしい)話など、リハーサル中の裏話などが参加者の笑いを誘っていました。
「Emergency kiss」のあともトーク。稲垣さんのドラム(あるふぁ~ふぁのイメージ色である水色のドラムセットを買ったとか)や、ちなみさん自身のトークについてのトーク(台本無い喋りはやっぱり苦手っぽい)。
 それから、「金田一少年の事件簿」のキャラクターソング「Alive」。メンバーはこれがキャラソンだということを知らなかったらしい。
 ちょっと衣装についてのトークも。最近は普段はジーパンが多くて、ミニスカートは久しぶりだそうです。似合ってるんだけどなー(^^;)
 そして、「Chinaism」から「Fly to Fly」。すごく難しくて、メンバーにとっては「鬼門」だったとか。それでも、無事に演奏を終えて。そして第一部最後の曲「フェアウエルフォート」。いつもは映画「フェアウエルフォート」に出演した犬、ぴりかの事を思いながら歌っているのですが、この日は数日前に、俳優・声優の高木均氏が無くなったことを受けて、高木さんに捧げる歌となりました。同じ事務所の大先輩、ということもあって、やはりショックは大きかったみたいです。

 と、そんな感じで無事第一部は終了して、メンバーはいったん退場。で、開場に沸き起こる「二~部、二~部」の声。「『アンコール』って言っちゃダメ」と事前に通達がでていたのです。なんでも、「他では絶対やらないようなライブにしたい」というメンバーの希望があって、こういう変なところにこだわった演出になったみたいです。確かに、普通「に~ぶ」なんて叫ばないよなぁ(^^;)

(以下後日)

 1995年8月6日に東京の三越本店で行われたものです。 ちなちなは池澤春菜さんとともに司会進行、という役で一番目だってました (^^)
 「好きになったら最強」 と「恋は食べごろ、私お年頃」が生で聞けた、 という素晴らしいイベントでした。特に、 「好きになったら最強」のほうは、 なぎさちゃんと同じ振り付けまでしてくれて……(^^) もう、気分はなぎさちゃんのコンサートに行ったような感じでした。

1995/08/06(日) 東京 三越本店

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちイベントカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはその他です。

次のカテゴリはゲームです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.21-ja