[表紙] > [文月のパソコン部屋]

2013年1月28日

ディスプレイとスピーカーを買い換え。WQHD最強。

これまで、ごく普通の自作erとして、CPU、マザー、メモリ、グラフィックボード、HDDといろいろ買い換えてきましたが、長く変わらない構成だったのが、ディスプレイとスピーカー。
ディスプレイは、ナナオのL887という、20インチ、UXGA(1600×1200)のディスプレイ。広い作業領域と、ちょうどいい設置サイズ、色再現も比較的まとも(安ノートPCに比べて)、デザインがカチッとしててかっこいい、と、かなりお気に入りでした。
しかし、すでに購入から6~7年が経過(いつ買ったか記録が無い。販売期間からしてたぶんそれくらい)し、OSやアプリの変化に伴い、やや手狭になってきたこと、フルHDの動画(BD)を原寸で見れないこと、また、若干色むらも見えるようになり、新しいディスプレイへの交換を本格的に考えることにしました。

まず考えたものは、フルHD解像度(1920×1080)のモデル。大量に出回っているため値段は安いし、コンパクトなモデルもあり設置面積的にもあまり問題にならなさそうです。しかし、縦方向が1200ピクセル→1080ピクセル、と減ってしまうのが難点。
たとえば、PremiereやAfterEffectsで、レイヤーを重ねたとき、一度に見えるレイヤーの数が減ってしまう......これは、痛いです。ので、除外。
次に、WUXGA(1920×1200)モデル。縦のピクセル数は今までと変わらず、横方向に伸びた感じです。しかし、最低でも24インチ以上のモデルとなり、設置面積がきつい。また、数が少ないため、お値段も高価です。
そして、WQHD(2560×1440)モデル。縦横とも圧倒的なピクセル数。しかし、画面サイズは27インチ。でかい。ただ、値段的には24インチ/WUXGAのディスプレイと重なり合うモデルもあり、十分検討範囲。

さて、さっきから設置面積ということを気にしていますが、実は、うちで使っているPCデスク自体は、27インチでも問題なく置けるサイズです。ただ、ディスプレイの両側に、ミニコンポについていたスピーカー(幅15センチほど)を置いていたため、「スピーカー+ディスプレイ+スピーカー」で、デスクの幅いっぱい、という状況だったのです。
そもそも、うちのPCオーディオ環境は、ミニコンポに光デジタルでオーディオを出力する、というものです。デジタル伝送のためノイズ無し、独立したアンプとスピーカーでそこそこの音質(少なくとも、1000円そこらのアクティブスピーカーよりはずっと良い)を楽しめていました。

しかし、このままではディスプレイの交換はおぼつかない状況です。画面と音響、どちらを取るか......と考えたとき、自分に必要なのは、やはり画面でした。
そこで、ディスプレイ交換と同時に、スピーカーを小型のものに置き換えることにしました。
そもそも、今の構成も軽く数年経っており、いまなら技術革新で小さくてもいい音が出るスピーカーがあるのでは、と考えたのです。
そして、ネットで評判が良かったのが、Olasonic TW-S5というUSBスピーカー。なにしろサイズは圧倒的に小型、しかも音についての評判もいい。値段もお手ごろ。これなら、ディスプレイの下にも置けそうです。

スピーカーが決まったところで、肝心のディスプレイです。
設置面積の制約を取り払ってしまえば、やはりWUXGAよりWQHDのほうに目が行ってしまいます。
ネットを見て、WQHDクラスで評判が良かったのが、DELLのU2713HMというモデル。5万円を切る格安ながら、目だった欠点は特になく、むしろ使い勝手は非常に良さそう。画質も、通常使用であれば問題なさそうです。高級機では、色再現性の高さが売り文句になっていますが、自分の使い方ではそこまでのこだわりは無いですし(10億色、とかは、対応するワークステーション用ビデオカードが必要)。
店頭で実機を見ても、多機種に比べて見劣りする部分は見つからず。

そんなわけで、U2713HMを買ってしまいました。

"ディスプレイとスピーカーを買い換え。WQHD最強。"の続きを読む

2011年10月 2日

Windows Phone 7.5 IS12T購入

これまでのあらすじ

長年使ってきた、ウィルコムのW-ZERO3シリーズ。しかし、3Gと比べると相対的に遅い、また圏外も多いPHS回線、不安定なハードウェア(週に3回はハングする)、そして、マイクロソフトからも完全に見捨てられたWindows MobileというOS......。
さすがにもう、これ以上、W-ZERO3を使い続けるのは精神的に好ましくない。
というわけで、新たなスマートフォンの購入を決意した。

しかし、今更iPhoneとか芸が無いにも程がある。
Androidは機種・OSによってかなり差があるようで、どれを選べば良いのかという情報を入手するのが大変。
さてどうしようか......と考えていた矢先、au/富士通東芝から、まさかのWindows Phone 7.5搭載のケータイが。

それまでWindows Mobileを使ってきた事もあって、Windows Phone 7には興味があったのだけど、日本では未発売。
そんな状況で、世界初のWP7.5搭載。しかも、ハード的にもかなりよさげ。

とはいえ、初物買いはいろいろと怖い。すこし様子を見よう......と考えて、1ヶ月とちょっと。

そうして、とうとう購入を決意したのでした。


IS12Tというケータイ

そんなわけで、買ってしまいました、IS12T。iOS以降の、いわゆるモダンなモバイルOSを搭載したマシンにまともに触るのはこれが初めて。マルチタッチの画面というのも初めてです。

買ったのは、イエローのモデル。せっかくなので、見る人が見れば、すぐにIS12Tと分かる色にしてみました。
大きさは、Hybrid W-ZERO3と比べると、高さはほぼ同じ、幅はやや広い、そして、かなり薄い。重さも、115gと、Hybrid W-ZERO3の160gに比べて、かなり軽量です。実際、持ってみても非常に軽く、コンパクトな印象です。これで、防水だの、1300万画素カメラ搭載だの言うんですから、すごいものです。

20111002_IS12T_01.jpg

ちょっと残念だったのは、前面下部にある3つのハードキー(「戻る」「ホーム」「検索」)が、若干押しにくいこと。ボタンがかなり小さいことと、ボタンの高さが液晶面とほぼ同じため、押し込むとちょっとへこんだ感じになり、押し込んだ感触がいまいち心地よくありません。
後述しますが、Windows Phoneでは、このハードキーをかなり多用するので、ちょっと惜しいですね。とはいえ、これを改良しようとしたら、0.何ミリか、という単位でサイズ設計しないといけないので、そうとうに大変なことになるのも分かるのですが。

"Windows Phone 7.5 IS12T購入"の続きを読む

2011年9月 4日

HDMIキャプチャ環境の構築

PS3版アイマス2の発売が迫ってきていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
うちは、と言えば、PS3の画面を録画する環境が無いのが問題でした。

最初に買ったXBOX360は、初代機のためHDMIが付いてないモデル。そのため、キャプチャには、D端子経由のアナログキャプチャカード(MonsterX)を用意し、周辺環境も整えてきました。
しかし、気がつけば、HDMIが当たり前の時代。PS3やHDDレコーダはすべてHDMI接続に。XBOX360も買い換えによって現行世代機になったため、HDMI搭載に。ただ、キャプチャのためにアナログ出力にしていました。

ですが、アイマス2がPS3で出ることとなり、またキャプチャだけのためにアナログ出力にするのはなんか納得いかない......そう考え、HDMIでのキャプチャ環境を整えることにしました。

HDMIを使ったキャプチャで問題となるのは、HDCP(コピーガード)です。PS3は、ゲーム画面でも、HDCPでガードされた信号を出力してしまうので、これを回避する必要があります。
回避にはいくつか方法があるのですが、今回は、HDCP対応を謳った、ドリキャプ DC-HA1というキャプチャカードを使用することにしました。

ドリキャプ HDMIキャプチャーカード PCIExpress(x1)接続 DC-HA1ドリキャプ HDMIキャプチャーカード PCIExpress(x1)接続 DC-HA1

N/B 2010-11-10
売り上げランキング : 561

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


まあ、いかにも怪しげなカードですが、ネットを見れば動作実績多数。録画方法について詳しく書いたサイトも見つかります。
限りなく自己責任ですが、値段が安いこともあり、こちらを選択しました。
ちなみに、OSはWindowsXP 32bitのため、64bit/4GB超メモリ搭載時の問題も関係ありません。

"HDMIキャプチャ環境の構築"の続きを読む

2010年11月17日

久しぶりにPCの中身を入れ替え

メインマシンで使っていたPCが壊れました。
起動しても、BIOS画面から先に進まない。メモリチェックすら始まらない事も。
となると、パーツ交換、という事になるのだけど、さて、どこを交換したらよいやら。
メモリ周りが原因っぽいけど、DIMMを抜いたり入れ替えたりしても効果は無し。メモリモジュールの問題なのか、メモリコントローラ(=CPU)の問題なのか、マザーボードの異常なのか、検討が付かない。

というわけで、結局、マザーボード・CPU・メモリを総入れ替えする事にしました。
そもそも、DDR2世代 (Socket AM2+) のマザーなんてもう売ってないし。Junkyな店に行けば見つかるかもしれないけど、今のアキバのどこにどんな店があるのか、把握しきれていないので断念。
それに、総入れ替えしても、3万5千円程度でお釣りが来て、性能も上がるなら、それでいいかなと。大人って汚い。

買ったのは、


  • AMD PhenomII X4 965 BE (3.4GHz/125W)

  • MSI 870A-G54

  • DDR3 PC3-10600 (DDR3-1333) 8GB x 2 (SAMSUNG)

20101117_pc01.jpg

PhenomII X4は、最上位クロック 3.5GHzの970というモデルが出てるけど、965より2000円ほど高い(100MHz=2000円)のと、まだ出たばかりで、一緒に買うマザーのBIOSが対応していない可能性がある、ということで、1ランク下の965に。
これでも、今まで使っていた、Phenom II X4 940 (3.0Ghz) よりは速いはず。

マザーは、MSIのものを購入。MSIを使うのは久しぶり。Socket754のAthlon64以来かな? でも、理由は安かったから(笑)。
ATA III (6Gbps) に、USB3もついて、8000円ちょいとか。870ということで、グラフィックは内蔵じゃないけど、別にグラフィックカード持ってるので問題なし。

メモリは、今までと同様、8GBに。ただ、以前は2GB x 4枚だったのを、4GB X 2枚に変更。特に深い理由は無いけど、せっかくなので。16GBまで増やすつもりは今のところ無し。

"久しぶりにPCの中身を入れ替え"の続きを読む

2009年11月11日

Hybrid W-ZERO3の発表を機に、モバイル機器のセグメントを考えてみる

さてさて、ウィルコムの新スマートフォン、Hybrid W-ZERO3が発表になりましたね。
マイクロソフトの最新モバイルOS「Windows Mobile 6.5」搭載 新スタイル"テンキースマートフォン" 「HYBRID W-ZERO3」の発売について(ウィルコム公式サイト)
PHS/W-CDMA対応でWindows Mobile 6.5搭載「HYBRID W-ZERO3」 (ケータイWatch)

PHS (W-OAM TypeG 4x) と、3G(ドコモ網)の2回線(さらに、海外ではGSMも使える)。GPSやモーションセンサ内蔵。500万画素AFカメラ。そして、Windows Mobile6.5の搭載。
ここまではかなりいい線行ってるのですが、なぜか、W-ZERO3シリーズの最大の特徴だった、スライド式のQWERTYキーボードが無い......。

今使っている、Advanced/[es](アドエス)もだいぶくたびれてきたので、買い換えたいのですが......これは悩みますねー。というのも、Hybrid ZERO3にすると、モバイル環境全体のセグメント分けを考え直さなければならないからです。

"Hybrid W-ZERO3の発表を機に、モバイル機器のセグメントを考えてみる"の続きを読む

2009年8月23日

デジカメ交換

それは、コミケの少し前のこと。
写真を撮ろうとして、デジカメを立ち上げたら、液晶が映らない。よくよく見ると、液晶は映ってるけど、バックライトが死んだっぽいです。

というわけで、デジカメを交換することにしました。

とはいうものの、Lumix FX8は、もう4年も前の機種。その間、デジカメの事情をあまり見ていなかったので、ほとんど浦島太郎状態。
店員さんの話を聞いたり、ネットで情報を集めてみたりして、結局、RICHOのCX1というカメラを買うことにしました。広角~望遠まで、幅広く使えそうだったのと、画質と、操作性を考えて。

特徴的なのが、DRモードという、ダイナミックレンジを擬似的に広くするモード。露出(明るさ)の異なる2枚の写真を連続で撮って、それを合成することでハイ・ダイナミックレンジ(HDR)のようなことをやってしまおう、という機能です。
今まで、室内で撮影しようとすると、フラッシュ無しでノイズありか、フラッシュ光らせて白飛びするか、という感じで非常に大変だったのですが、これがあるとフラッシュ無しでも明るい絵が撮れるので非常に便利ですね。

通常撮影(マクロモード)
cx1 サンプル1

DR撮影
cx1 サンプル2

他にも、高速度撮影や、自動ホワイトバランス調整など、いろいろな機能がついていて、ただ撮るだけだった昔のカメラとは随分変わったなあ、という印象です。
正直、まだ使いこなせていませんが、長く付き合えると嬉しいですね。


RICOH デジタルカメラ CX1 ブラック CX1BK

B001TK2X7I
リコー 2009-03-13
売り上げランキング : 2848
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

機器構成(周辺機器)

構成要素スペック備考
ルータNEC Aterm DL180VKDDIからのレンタル
ハブPLANEX FXG-05IMV 5ポート Gigabitスイッチングハブ
無線LANNEC Aterm WR6650S
NASBUFFALO HS-DH500GL500GB
プリンタCanon PIXUS iP4500
スキャナCanon D2400U
デジカメRICHO CX1

2009年1月12日

電源を交換した

ここ、1~2週間ほど、メインマシンの挙動が、若干不安定になっていました。起動時に、画面にノイズがでて、そのままハングしてしまう、という状態が時々起きていたのです。
まあ、起動さえ成功してしまえばあとは問題無く使えていたので、いいかー、と思ってたら、一昨日になって、起動中(正確には、WindowsXPにログイン後、スタートアッププログラムをロードしている間)に、ブルーバックが出てマシンが停止してしまうというトラブルが頻発。かろうじて起動に成功しても、何もしていない(負荷のかかっていない)状態で、突然リセットがかかる、という、とんでもない状態になってきました。

まあ、何かが悪いんだろうとは分かるものの、その何か、が、さっぱり見当がつきません。ハードもソフトも、特に変更は加えていません。
とりあえず、4枚刺さっているメモリのうち、2枚を抜いてみて確認。......やっぱり落ちた。もう2枚を抜いて、最初の2枚を刺してみたけど、やっぱり落ちる。というわけで、メモリでないことだけは確認できました。
しかし、それ以上は何が原因なのかハッキリしません。

そこで、とりあえず、電源が怪しいのではないかということにしてみました(笑)。

幸い、アキバに行く用事が合ったので、ついでに電源ユニットを物色。とはいえ、久し振りに電源なんか選ぶので、なにを買ったらいいのやら。出力が500W級で、あまり安い奴は却下、という程度の選択基準は合ったけど、それ以上のスペックは、何が何やら。気分はすっかり浦島太郎。
結局、一番の売れ線だった、CORSAIRの、HX520Wというのを購入。CORSAIRというと、メモリメーカーという印象だったのですが、電源も作ってるんですねー。

"電源を交換した"の続きを読む

機器構成(メイン機)

構成要素スペック備考
マシン名
マザーボードGIGABYTE GA-MA78G-DS3H (Socket AM2+/AMD 780G)
CPUAMD Phenom 9600(65nm/2.3GHz/L2-512KBx4/L3-2MB/95W)
CPUファン製品名忘れた(^^;)。12cmファンで回してます。
メモリPC2-6400 (DDR2-800) SDRAM 4GB (1GB DIMM × 4)
HDDHGST HDS721616PLA380 (160GB/SATA) システム格納用。
Seagate ST31000333AS (1000GB/SATA) データ格納用。
Seagate ST3400620NS (400GB/SATA) バックアップ用。
光学ドライブ松下寿 SW-9851 DVD-Multi
Plextor PX-716A -R16xCAV / -RW4xCLV / +RW8xP-CAV / +R16xCAV / CD-R48xCAV / CD-RW24xP-CAV
ビデオカードAMD 780G (チップセット内蔵グラフィック)
サウンドカードCreative SoundBlaster X-Fi Digital Audio
ネットワークカード マザーボード内蔵
ケースCoolerMaster Wave Master 前面ファン2基を1基に削減
電源CORSAIR HX520W520W

2008年11月16日

AIR-EDGEカードをAX530Sに機種変した

ノートPC用の通信カードとしては、昔からAIR-EDGEを使っていました。現在使っているのは、SII AX420S。4xパケット対応のCFサイズカードです。ところが、これが最近調子が悪い。挿してもカードをうまく認識しないことが多発。そんなときに、AX530Sというカードが発売されたことを知りました。
8x対応に加え、変調方式として、より高速な通信ができるW-OAM typeGを採用。さらに、ジャストPCカードサイズ(PCに挿した時に出っ張りが無い)というのが魅力的なカードです。来年から、次世代PHS(WILLCOM CORE)サービスが始まるということでどうしようか迷っていたのですが、結局このカードを買ってしまいました。

外観は、ごく普通のPCカード、といった趣。ただ、先端が、数ミリ、出っ張っています。実はこれ、可動式アンテナを引っ張りだすためのツメ。なんと、アンテナをより強力にするために、4段階もの可動ギミックが付いてるのですよ、これ。なんというか、萌えますね。

PCに接続するとこんな感じ。出っ張りは、ほとんど気にならないレベルだと思います。ちなみに、PCは、Let's note R3。
AX530S 装着状態

アンテナを引き出すとこうなります。
AX530S 通信状態

"AIR-EDGEカードをAX530Sに機種変した"の続きを読む