[表紙] > [文月のパソコン部屋] > [個別アーカイブ:速い すごい Barton]

2003年5月 3日

速い すごい Barton

 いや、ちょっとした出来心だったんですよ。 試しに、GA-7VTXEにBarton 2500+を乗せてみたんです(^^;)。 もちろん正常に認識されないんで、手動でいろいろ設定して (といっても、このマザーはほとんどいじくる部分が無い。Vcore電圧ぐらいか)。
 とりあえずFSB266MHzで起動。CPUクロックは133MHz×11倍で1463MHzで起動。 で、試しに、AVIUTLでフィルタリング処理をさせてみる。 フィルタは、"Wavelet 3DNR2", "クリッピング", "Lanczos 3-lobed 拡大縮小", "アンシャープマスク" という、自分の定番パターン。 ソースは720×480ピクセル、24fpsノンインタレースで2736フレーム(再生時間1:54)。 そうしたら……AthlonXP 2400+(thoroughbredコア・2000MHz)より、若干ですけど、 速いんですよ、これが。 しかも、もとがFSB333MHzで動くCPUだからオーバークロックマージンはたっぷりあって (むしろマザーが耐えられなくなるほうが先っぽい)。
 ま、ごたごた言うより下の表見た方が早いと思います。

CPUクロックFSB所要時間VcoreCPU温度ケース温度
Thoroughbred2000MHz266MHz17分40秒1.6V54℃47℃
Barton1463MHz266MHz17分24秒1.65V53℃46℃
Barton1583MHz288MHz16分08秒1.6V52℃46℃

※メモリクロックは266MHz固定。

 エンコというと、次から次へとデータが流れてくる印象があったので、 2次キャッシュの増加はあまり関係ないかなー、と思ってたんですが、まったく予想外。 ……きちんとFSB333MHzで走らせてみたいですなぁ(^^;)
 ……っていうか、Opteronって、2次キャッシュ1MBだよねぇ……ドキドキ(^^;)

以下のサイトや書籍等が参考になるかもしれません


Comment on "速い すごい Barton"

"速い すごい Barton"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

Trackback on "速い すごい Barton"

このエントリーのトラックバックURL: 
※ トラックバックを送信する際は、トラックバックspamフィルタの適用についてを熟読の上、送信をお願いします。この記事へのリンクの無いトラックバックは受け付けられません。

"速い すごい Barton"へのトラックバックはまだありません。