[表紙] > [文月のパソコン部屋] > [個別アーカイブ:お嬢さんの すごくない IDE]

2003年7月23日

お嬢さんの すごくない IDE

 その日も、仕事から帰ってきて、いつものようにエンコードのセットをしたんですよ。そうしたら、妙に遅いんです。
 他に重いプロセスも無いし、CPUやメモリクロックも正常。 とりあえず、どこが重いのかを調べるために、HDBENCHを実行。 そうしたら、データ用ディスクで、値がやけに低いんですよ。 気になってデバイスマネージャを見たら、データ用ディスクがPIO転送になってるじゃないですか……。
 再起動しても状況に変化は無し。原因の切り分けのために、プライマリ-スレーブに繋いでいたデータディスクを、セカンダリに繋いでみる。……ちゃんとDMA転送してる。 マザーが逝っちゃったのか!?
 ケーブルがダメなのかと思って、ケーブルも交換したが状況は変わらず。で、試しにプライマリ-マスターとプライマリ-スレーブを入れ替えて起動してみると、 どちらもDMA転送可能になっている。……なんで?
 結局、元の構成に戻して、問題なくDMAも使えるようになりました。 接触不良とかだったのかなぁ。ハードもOSも何もいじってないのに。 おかげで数時間を無駄に費やしてしまいましたよ(;_;)

以下のサイトや書籍等が参考になるかもしれません


Comment on "お嬢さんの すごくない IDE"

"お嬢さんの すごくない IDE"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

Trackback on "お嬢さんの すごくない IDE"

このエントリーのトラックバックURL: 
※ トラックバックを送信する際は、トラックバックspamフィルタの適用についてを熟読の上、送信をお願いします。この記事へのリンクの無いトラックバックは受け付けられません。

"お嬢さんの すごくない IDE"へのトラックバックはまだありません。