[表紙] > [文月のパソコン部屋] > [個別アーカイブ:バックアップ用の すごい ディスク]

2003年12月 6日

バックアップ用の すごい ディスク

 先日のディスク障害の反省から、 だいぶ昔にアップグレード案内の来ていた、ネットジャパン (PowerQuest) の「V2i Protector 2.0 Desktop Edition」 の導入を決定。アップグレードで\7,900という値段に躊躇していたわけだが(^^;)、 定期的に、Windowsを起動したまま、ネットワーク越しに、差分バックアップが可能、 というのはやはりとても魅力的。
 ただ、コンビニでの支払い期限がとうに過ぎてしまっているので、郵便局に行く必要あり。 うぐぅ。月曜日まで支払えないじゃないか。

 というわけで、そのバックアップ先に使用するディスクと、 IEEE1394ケースを買いに秋葉原へ。
 普段はサーバに取り付けておいて、メイン機からはネットワークドライブとしてバックアップを定期的に取得。 障害発生時は、サーバから引っこ抜いて、メイン機に直接1394ディスクとして取り付けて復旧、という運用を目論んでるわけだ。
 もちろん、メイン機以外にも、サーバやノートPCなどのバックアップにも使うつもり。

 ディスクは、Maxtorの、 DiamondMax 16 (4R080L0) という、 80GB/5,400rpm/流体軸受のものを購入。ほんと、5,400rpmの製品は選択肢が少ない。
METAL GEAR BOX (AD-350SEA) ハードディスクは付属していません。 アクセス中はこんなふうに下半分が赤く光る。青も赤も本当はもっと派手に明るい。  IEEE1394ケースは、アルファデータの、 METAL GEAR BOX (AD-350SEA) というケースを購入。外箱はアルファデータらしく安っぽい(笑)が、中のケースそのものは結構かっこいいです。2面アルミ+4面メッシュパネル、と言うことで、ファンレスでも問題無さそう。 いちばんの理由は安かったから、なわけですが(笑)。 変に光るのはマイナスポイントだけど、どうせ無人の別室に置くので、そこは無視。
 ただ、ACアダプタがでかいのはいただけないですね。コンセント-アダプタ間のACケーブルも太いし。 ケースへのコネクタが、DINタイプの独自のものなので、市販のACアダプタに置き換えることも出来なさそうだし(どうも、ACアダプタ側で5Vと12Vを作り出しているらしい)。
 なお、1394-ATAブリッジチップは、Agere systems社のFW802Bというチップ。よく知らないけど、安いんだろう、きっと(^^;)

 接続して、フォーマットして、共有可能にして、 他のマシンからネットワークドライブとして認識させる。
 というところで、作業はおしまい。あとはV2i Protectorが届いてから。

 あともう一個、大きいもの買ったんだけど、それは別記事で(^^;)

以下のサイトや書籍等が参考になるかもしれません


Comment on "バックアップ用の すごい ディスク"

"バックアップ用の すごい ディスク"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

Trackback on "バックアップ用の すごい ディスク"

このエントリーのトラックバックURL: 
※ トラックバックを送信する際は、トラックバックspamフィルタの適用についてを熟読の上、送信をお願いします。この記事へのリンクの無いトラックバックは受け付けられません。

"バックアップ用の すごい ディスク"へのトラックバックはまだありません。