[表紙] > [文月のパソコン部屋] > [個別アーカイブ:新しい すごい PCケース]

2003年12月 7日

新しい すごい PCケース

 今まで、メイン機のケースには、 星野金属の初代 Windy MT-PRO2000 を使ってきたんですが、さすがに年代物。5年近く使ってあちこち傷んできました。 ネジ穴がつぶれたり、パネルがゆがんだり、傷がついたり……。
 そんなわけで、思い切ってケースの買い換えをすることにしました。 今買えば、ATX規格が終わるころまででちょうど5年くらいだろうし。
 条件としては、

  • アルミケース
  • 剛性のしっかりしたもの
  • デザインの良いもの
  • なんか萌えるものがあること(笑)

といった感じ。
 で、決めたのが、CoolerMasterの、 TAC-T01-E1J、 通称、「Wave Master」というケースです。

 なんと言っても、デザインがかっこいい!  アルミを活かした、そして曲線を使用したデザインというのはあまり他では見られませんからね。 また、2mm厚のアルミ版を使い、構造的にもかなりしっかりした作りになっています (このへんが萌えポイント(笑))。
 ツクモのケース王国で、\25,000弱でした。
 なお、萌え度では、 これなんかがポイント高かったんだけど、 さすがに9万は出せませんでした(^^;)

 さて、早速組み立て。今のマシンからマザーボードを引き抜いて、取り付け。 電源は付いてないケースなので、電源も取り外し。
 上面ポート部分は、まず使わないだろう、ということで外して、 付属のメッシュファンステイに交換(ファンは取り付けてません)。
 ちょっと特殊なのは、全面ファンとPower LED。 どちらも、4ピン電源コネクタにつなぐようになっているのです (マザーボードのPower LEDコネクタは使わない)。 ファン・LEDとも二つづつ付いているための仕様だと思いますが、ちょっと変な感じ。
 それと5インチベイ。4段あるように見えますが、最上段は、 5インチデバイスの上下2つあるネジ穴のうちの、下の段のネジ穴にしかネジ止めできないんです。 また、最下段は、3.5インチベイに連続するため、かくっと曲がっているのですが、 これの位置が微妙にずれてて、ネジ穴に合いません(爆)。 そんなわけで、まともな5インチベイは二つだけ……。

 とまぁ、そんなこんなで組立終了。 早速電源を入れてみると……。うるさい(爆)。
 やはり、前面ファン×2、というのはうるさいです。
 それと、HDDの駆動音もMT-PRO2000より響く感じ。 もっとも、私のMT-PRO2000はだいぶカスタマイズしてたから、そのせいもあるのかもしれません。
 というわけで、またアキバ行ってファンコントローラとか買ってくる羽目になりそうです……。

ふたを閉じたところ
ふたを閉じたところ

ふたを開けたところ
ふたを開けたところ


以下のサイトや書籍等が参考になるかもしれません


Comment on "新しい すごい PCケース"

"新しい すごい PCケース"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

Trackback on "新しい すごい PCケース"

このエントリーのトラックバックURL: 
※ トラックバックを送信する際は、トラックバックspamフィルタの適用についてを熟読の上、送信をお願いします。この記事へのリンクの無いトラックバックは受け付けられません。

"新しい すごい PCケース"へのトラックバックはまだありません。