ARIA The ANIMATION SS
明日へ伝える思い あとがき

 ごきげんよう、文月です。今回は、何の前触れもなくARIAのSSです。
 最初にお断りしておきますが、私、ARIAの原作、読んでません(^^;)。 ので、もしかしたら今回書いたあたりのシチュエーションが原作で書かれているのかもしれません。 その場合は、「まあ、こういうifな話もありかな」という感じで読んでいただければ嬉しいです(^^;)。

 さて、ARIA The ANIMATION。 「カレイドスター」のスタッフが再集結ということで期待していたんですが、期待通りの良い出来でしたねえ。 独特の世界観や、キャラクターたちの微妙な心の動きなどが印象的でした。 で、結構想像の入る余地も大きく、SS書きとしてはやりやすそうな作品だと思い、挑戦してみました。
 藍華とアリシアということで期待される方がいるかもしれませんが、ラブな話ではないです(^^;)。 でも、こういう何か山を越えるときは、誰か導いてくれる人──文字通り、水先案内人──がいると嬉しいものですよね。 そんな役をアリシアさんには務めてもらいました。
 あと、この話を書くために、ヴェネツィアの写真などをWebでいろいろ探してたんですが、そうしているうちにヴェネツィアに行ってみたくなりました(単純……)。 というわけで、次の風○来○はヴェネツィア編でどうでしょうか?>F○G様(^^;)。

 この先、またARIAのSSを書くかどうかは、みなさまの声にかかってますので、よろしければ下のフォームから感想などぽちっといただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。

本文に戻る


 感想などありましたら、 掲示板 か メールでお願いします。
 また、下記のフォームでも送れます。
 お名前:
 E-Mail: ※必須ではありませんが、書いていただければ必ずお返事します。
 URL: ※Webサイトをお持ちでしたら教えてください。
 気に入った点があれば教えてください: 登場人物 ストーリー 文体 セリフ 設定 その他
 コメントがあればお書きください。厳しいご意見も大歓迎です。
  
 コメントをWebで公開したくない場合はチェックしてください

文月の本棚: ガンパレ シュガー 灰羽連盟 マリみて アカイイト・アオイシロ アイドルマスター その他 オリジナル
表紙 PC 小説 不定記 伝言板 Gift リンク about