マリア様がみてる SS
Graduation kiss あとがき

 うぁ、寒いタイトル(爆)。
 そんなわけで、聖×祐巳、というか、聖→祐巳、な感じのSSです。 「シリアスに向かない」 とか言ったそばからこれかよ……。 ギャグを期待してくれた方、ごめんなさい。

 実は私、聖×祐巳って苦手なんです。 というか、非公式カップリングものって全体的に苦手。 これはマリみてに限った話じゃありませんけど。
 だから、カップリングどころか、 下手すりゃその受け攻めの向きの違いで派閥ができちゃったりする、 ヤオイ文化はどうにも理解できない物だったりします。
 それでも食わず嫌いは良くないと思い、いろいろなカップリングのSSを読んでるうちに、 どうして苦手なのか、という理由がなんとなく分かってきました。 要は、「原作を無視してる」というのが最大の理由。
 私の場合、ギャグを除いて、 基本的には原作の持つ雰囲気とか世界観からの逸脱をできるだけ少なくする、 というスタンスで書いてる(つもり)なんで、 どうしても原作に無いカップリング、と言うのは違和感を覚えてしまうのです。
 あと、なぜだか知らないけど、「すでにラブラブであることが前提な話」がすごく多い。 原作を壊す以上、その辺の過程とか理由付けって必須だと思うんですが、 なんでかそういう作品に出会った覚えがあまりありません ("If Maria can talk." さんの由乃×祐巳ぐらいかなぁ、記憶にあるのは)。
 というわけで、その理由付けに挑戦してみたのがこのお話。 読んでもらえば分かる通り、「いとしき歳月(後編)」収録の、 「Will」の名シーンの、聖視点です。 聖が祐巳に本気で恋をするとしたらこのタイミングしか思いつかなくて。
 で、原作読み直したら……やっぱり成立しない(爆)。 読めば読むほど、恋愛に発展しないんです。
 仕方なく、セリフを多少端折るのと、聖さまの心情を少し歪ませることで、 それらしく……なったかな?(^^;)。 そんなわけで、今回は完全に実験作なのでした。

本文に戻る


 感想などありましたら、 掲示板 か メールでお願いします。
 また、下記のフォームでも送れます。
 お名前:
 E-Mail: ※必須ではありませんが、書いていただければ必ずお返事します。
 URL: ※Webサイトをお持ちでしたら教えてください。
 気に入った点があれば教えてください: 登場人物 ストーリー 文体 セリフ 設定 その他
 コメントがあればお書きください。厳しいご意見も大歓迎です。
  
 コメントをWebで公開したくない場合はチェックしてください

文月の本棚: ガンパレ シュガー 灰羽連盟 マリみて アカイイト・アオイシロ アイドルマスター その他 オリジナル
表紙 PC 小説 不定記 伝言板 Gift リンク about