文月の本棚:読者の方々からの感想

 読者の方々から、当サイトの小説に対していただいたご意見・ご感想です。
 感想は、各小説ページの一番下にある感想フォームから送信できます。
 また、「文月の部屋の伝言板」でも、感想をいただいています。

アイドルマスター
オリジナル小説
アカイイト
マリア様がみてる
ARIA
高機動幻想ガンパレード・マーチ
カレイドスター

アイドルマスターニブンノイチ

さきほど感想を送らせていただいたtakeoです。
な、なんとあの動画の作者さんだったんですね!
SSを見ずに動画を先に見ていたのですが、なんだが不思議な気分です。
それにしてもあの動画は他のコメでも言われていた通り、美希の声質とぴったりで素晴らしかったです。
ジャンプしたい〜の振りも実に可愛かった!
単品だけでも十分背景のストーリーを想像出来る動画だったので、違和感無しに見ていたのですが、SSを読んだ後ではりっちゃんの想いが通じたことも分かり感慨もひとしおです。

また百合m@s関係のお祭りが開催される際にはまた是非参加作品と出会えることを楽しみにしています。
長々と失礼しました。

(2009/12/04 takeoさん)

こちらにも感想ありがとうございます。
今回、百合m@s108式祭りが、動画だけでなく、SSやイラストでの参加もOKということで、動画とSSをペアで出展してみました(絵はからっきしダメな人なので、そちらはありません)。
動画の方も見てくださって、うれしい限りです。もともともあの歌でMADを作りたくて、誰にしようかと考えてたら、美希の声がぴったり合ったので、そこからカップリングを決めて、ここまで話を膨らませてみました。
これからも、百合な動画、あるいはSSは作っていきたいです。そのときは是非ともよろしくお願いします。

アイドルマスター休まない翼

某所でオススメのはるちはSSをということで、そこで教えてもらった「休まない翼」を頼りに検索でたどり着きました。
この二人は中の人の関係含めて大好きなので、完成度の高い作品と出会えて嬉しかったです。
春香の765プロに入るまでの経緯が実に春香らしく、DSの愛シナリオとの絡みも窺えて思わずうなりました。
他の作品も読んでみますね。
それでは失礼します。

(2009/12/04 takeoさん)

感想ありがとうございます。はるちは、いいですよねー。
一見すると共通点の少ない二人ですが、そんな二人がどうやって打ち解けていったのか、そんなことを思いながら書いてみました。
ちなみに、DSはまだ未プレイです……(今、絵理シナリオプレイ中)。

アカイイト・アオイシロ鬼切りの微笑み

ほのぼのとして...癒される感じがしました!
乙です!

(2008/07/06 たぁちゃんさん)

そう言っていただけて何よりです。
本編では二人とも、重い役目を負っていましたからね。
たまにはこういう関係もいいんじゃないか、と思って書きました。

葛ちゃんと烏月さんとのペアという珍しいスタイルですね。
とはいえ烏月さんの「桂さんが悲しみます」という所でやっぱり桂ちゃんが中心なんだなぁと思いました。
葛ちゃんと烏月さんとの関係をほのぼのとしたタッチで書いているのですごくいいなぁと思いました。葛ちゃんがリードしたり烏月さんがリードされたりというやり取りもうまかったです。
面白い作品でした〜すごく良かったです!!
それでは〜

(2007/03/28 89式さん)

 あとがきにも書きましたが、ちょっと視点を変えた話を書いてみたくて。 それでも、やっぱり桂ちゃんはみんなのヒロインですし。 桂を間に友情というか信頼関係みたいなのが結ばれるといいなあ、と思って書いてみました。
 感想ありがとうございます。

アイドルマスターアナタのヒトコト

実はARIAのSSを読みに訪れたので、アイドルマスターにあえるとは思いませんでした。

ニコニコ動画のアイマスMAD文化は目を見はるものがありますね。私もアイマス未プレイなのにキャラクターのバストサイズまで脳にすり込まれた口です…て、作者さんもそうだとは言ってませんが(笑)
このSSはそんな未プレイのアイマスファンにとっても馴染みの深いキーワードがちりばめられていて、ニヤリとさせられました。
アイマスは基本的に、成長物語だと思います。しかし、それを説教臭く見せてしまうと、途端に面白くなくなります。春香、やよいの個性感じられる自然な台詞でさりげなく千早の小さな一歩を描く感じが出ていることに、好感を持ちました。
綺麗に構成もまとまっているし読みやすいのも、素晴らしい。あえて注文をつけるなら、プロデューサーを最終的に親しみの持てるキャラに色づけしてくれたら、というとこですね。
もちろん、あまり個性が強すぎると、プレイヤーキャラであるプロデューサーの長所が消えてしまうので難しい点ですが。

>じゃあ、これは、私をわざと笑わそうとして……?
いや、それは考えすぎだ千早、やよいは真面目にやってもそうなるんだ! と思ったのは私だけではないと思いたい。
でも、そんなやよいが好きです。

(2007/12/23 gishiさん)

丁寧な感想、ありがとうございます。
私もアイマス知識の半分は、ニコ動からですよ。特に、これを書いた当時はまだ未プレイでしたし(^^;)(今は、ハードとソフト買って、プレイしてます)。
成長物語、という点は同意ですね。というか、私はどうも成長ものの話が好きなようで、他の作品でもそういう点を意識した話が多いように思えます。 その場合、どういうきっかけで、どういった成長をしていくのかを描くのがポイントになるわけですが、その当たりを気に入ってもらえたようで嬉しいです。
プロデューサーのキャラ付けは、アイマスで話を作る際の難しい点の一つですね。私の場合、どうしても女の子同士の関係性に注目してしまうので、男はただでさえないがしろにされやすいので……(笑)。

>やよいは真面目にやってもそうなるんだ!
中の人は普通に歌ったらああなった、という話も聞いたことあります(笑)。 ある意味すごい。

オリジナル小説Road to anywhere

1話

どうもこんばんわ。
文月さん初のオリジナルでわくわくしながら読ませていただきました。
なんかツンデレっぽい子の描写がいいです♪。
自転車はあんまし乗らないので逆にそちらの描写が新鮮でした。良く乗っている方でないと描写できないような所には関心しました。

ストーリー的にはまだ導入部分ですが、この二人がいったいどうゆう関係になっていくのか楽しみです。
短いですが、それでは〜

(2007/6/23 89式さん)

毎度、感想ありがとうございます。初オリジナルですが、まずは楽しめていただけたようで、ホッとしています。
遥は、極端にツンデレというわけではない(つもり)なんですが、人づきあいが苦手な子なので、それっぽく見えるのかもしれません。
自転車好きでない人にフィーリングを伝えることができたら嬉しいですね。 どこまで書けばいいのか、結構悩みます(^^;)。

初めまして。opera座の怪人といいます。
何度かHPを拝見させていただいています^^
ロードバイクの絡んだお話しということで、
続きをとても楽しみにしております。

(2007/6/9 opera座の怪人さん)

読んでくださって、ありがとうございます。
オリジナルの小説を書くのは初めてなのですが、 好きな物をテーマにした話なので、ちゃんと書き上げたいと思っています。
自転車好きの方から反応いただけると嬉しいですね。

アカイイト・アオイシロ幸せの温度

はじめまして、栗須です☆
ノゾミたんスキーの方って少ないのかな?と思っていたところにここのサイト様を発見いたしまして・・・
ノゾミたんラブとしてすごく嬉しかったですvv
ツンデレ好きですvv最後に受けてればなお良いですw
なのでこの小説は、かなりドキュンときまひた(^^)/
今後もノゾミたんラブな小説書いてください〜!!
応援してます☆(*^_^*)/

(2007/4/10 栗須さん)

 はじめまして、感想ありがとうございます。
 自分の作品の中では、かなりラブ度の高い話ですが、気に入ってもらえて何よりです。 ノゾミは表情がいろいろ変わって、書いていて楽しいキャラでした。
 またノゾミシナリオプレイし直すかな……。

こういうネタ物は好きです(笑)
「声似ている」って似てるでしょ、そら(;^o^)/「中の人同じやん♪」
珍しく攻勢に出た桂の気持ちが素敵ですね。

ふと、 家族想いの群れからはぐれた一匹狼のサクヤ
厳格な集団のボス猿烏月
利口ではしっこい狐娘葛
そして、気位高いはくせに寂しがりやで、何げに甘えるヒネクレ猫ノゾミ
と動物のイメージがありますが(サクヤと葛はまんま?)サクセスは意図的なのですかね(笑)
それとも私がうがち過ぎなか?
ギャグから始まり艶やかな演出の後、ほのぼのとしたエンドが気持ち良かったです。

(2006/3/30 藤枝さん)

最初、ギャグではじめたので、声ネタは外せなかったんですよ(^^;)。
ノゾミが猫系なのは同感ですね。 動物的なイメージ、というのは、キャラの特徴を掴みやすいので、 意識的か、無意識的かは分かりませんがそういう感覚はあったのかもしれません。
ラストまでの流れは綺麗にまとまったので、自分でも気に入ってます。

なんていうか・・・
「キス」の部分を最後に持ってくるな〜ってのはなんとなくわかったんですけど、まさか桂の方が言い出すとは・・・
甘甘グッジョブです!

(2006/2/8 コンダクター情報さん)

感想ありがとうございます。あとがきにも書きましたが、リバーシブル(攻め受け逆転)ってのは、私の萌えポイントの一つなんですよ(^^;)。 普段攻めキャラがふとしたことで受けに回ってしまうのが好きみたいです。
アカイイトは、なんでか甘甘な作品が多くなる傾向がある気がします(私のに限らず)。なぜなんでしょうね?

うひょお!これは、良いノゾケイですね。
深夜アニメを二人して見てる姿を想像すると、なんか笑えるw

(2005/1/30 F氏さん)

ありがとうございます。ノゾケイはやっぱり書いてて楽しいのです。 深夜アニメについては……タイミングが良かったというかなんというか(笑)。

アカイイト・アオイシロ少女釘バット伝説

良かったッス。
烏月さんっていじり甲斐ありますよねー。
by S.Y

最高です!
このギャグの流れがもぉ面白い!!
by K.I

(2007/03/14 S.Yさん&K.Iさん)

烏月は生真面目なキャラだから、壊すと楽しいんですよね。
変なノリの烏月さんも、書いてて楽しかったです。

ギャグですし、経過時間も短い間なので、テンポには気をつけたつもりです。
楽しんでいただけたようで、こちらとしても嬉しいです。

今回もネタ満載で面白かったです。

「ピタゴラ装置」は知らなかったのですが、思わず検索して映像を見入ってしまいました^^;
維斗のつっかえ棒、崩壊の過程に非常に興味があります。
ほかにも、咄嗟にあ〜るネタを出す烏月&すぐに理解する桂って、本当は何歳なんでしょ?(笑)
烏月の「葬らん!!」と最後のオチまで、しっかり笑わせていただきました。ありがとうございます。

(2006/05/14 kajuさん)

 感想ありがとうございます。ちょいネタに走りすぎてしまったのが反省点でもあったりします(^^;)
「ピタゴラ装置」は、これを書いている途中でブームがきて、やはり見入ってしまいました。 きっといろいろ連鎖して素晴らしい崩れ具合なんだと思います(^^;)
「あ〜る」ネタはなんというか、自分の中では原点みたいなもので……。 分かる人は30代近い人な気もしますが……(^^;)。若い人、ごめん(^^;)

どうもおひさしぶりです。
夜中に釘バット持ってうろついている女子高生って別の意味ですっごくおっかないような・・・・。
某ひぐらしの、鉈を持って笑っているかわいい物好きドラゴンパレスなお嬢さんとどっちが怖いかな〜なんて思ってしまいました。
烏月さんの釘バットの言い訳がケッ作でした(野球に凝っていてって・・・)。
笑えておもしろかったです。長くなりましたが、それでは〜

(2006/05/08 89式さん)

 いやー、夜中(それも、田舎の真っ暗な夜)に、釘バット持ち歩いてる人に出会ったら怖いと思いますよー。
「ひぐらし」はこれを書いている途中でアニメ版を見始めたんですが、おかげで油断するとバットで撲殺な流れになりそうになってました。 あっちも主人公Kちゃんだしなあ……(^^;)
 楽しんでいただけたようで何よりです。

マリア様がみてる夢見る笑顔

はじめまして。夢見る笑顔拝見させて頂きました。
どちらの原作も知っておりますし、マリみては大好きな作品なので、どういう話になるのかなと、読む前から楽しみにしてました。
読んでいくうちにこの世界に引き込まれていき、祐巳の優しさやマルチのけなげさに感動して最後は泣いてしまいました。
エピローグは書くのをやめてしまったとのことですが、幸せな二人を少し見たかった気がします。
素敵なお話をありがとうございました。

(2007/02/05 小夏さん)

 久し振りに感想いただけました。昔の作品をこうして読んでくれる人がいるのは嬉しいですね。 ちょっと恥ずかしいですけど(^^;)
 エピローグは……書いた方が良かったのかなあ。今更ながらに、お話を作ることの難しさを感じてしまいます。

久しぶりに感動するSSに出会いました。
東鳩とマリみてと言う異色のクロスオーバーでしたが、
何故かまったく違和感を感じませんでした。

さて、率直な意見を言いますとちょっとこの終わり方は無理が有るのでは?と思ってしまいます。
祐巳さんの性格から考えると、やっぱりマルチとの別れは悲しいものでしょう。
それを、祥子様がフォローすると言うのが「マリみて」の世界だと思います。
いや、祥子様と言わず「山百合会」の面々が駈けずり周りフォローした方が「マリみて」らしいですね。
「夢見る笑顔」のタイトルならば、やっぱりエピローグが欲しかったです。

(2004/06/28 deltaさん)

 違和感を感じない、というのは嬉しいですね。 どれくらいうまく混ぜ合わせることができるか、というのはクロスオーバーを書く時の醍醐味の一つですから。

>祥子様と言わず「山百合会」の面々が駈けずり周りフォローした方が「マリみて」らしいですね。
 確かに、祐巳以外のキャラがほとんど動いてませんね。 以前にも指摘を受けましたが、ストーリーは「To Heart」をベースにしたため、 どうしてもうまくキャラを動かせませんでした。
 しかし、改めて自分で読み直したけど……うう、書き直したいよぉ(^^;)

ARIAlight song

短いですが「ARIA」らしさが存分に出ています〜。
アテナ先輩と絡むのは大体アリスちゃんなのですが灯里ちゃんなのも変わっていてグーです!。
短いからこそ引き立った作品だと思います。それでは〜

(2006/09/07 89式さん)

 元ネタが短い歌ということもあって、ショートエピソードのつもりで書いてみました。 短い話も久し振りな気がします(^^;)。
 灯里は、誰とでも話を作れるので便利なキャラだと思います(^^;)。

アカイイト・アオイシロ硝子の迷宮(体験版)

どうもこんばんわ、新作楽しみにして待っています〜〜!!。
オリジナルキャラのほうもどんな風なのかわくわくしてます〜〜!。
ノゾミちゃんとのやり取り(特に「いつもすまないね」云々の所)が今のところ一番楽しみました♪(他のところももちろん楽しかったですが)。
新刊、楽しみにしています。それでは〜。

(2006/07/18 89式さん)

 感想ありがとうございます。今回の体験版では顔見せだけだったオリジナルの二人ですが、後半、大活躍(?)してくれます。 後半はちょっとシリアスな展開になりますが……詳細はコミケ当日までお待ちください(^^;)

高機動幻想ガンパレードマーチ嫌われる理由

 そういうオチですか!あくまでもぽややんですね。それでもいつか黒くなるんだろうなぁ・・・

(2006/05/07 GESPENSTさん)

 おかしいとか不潔とか臭いとか言われてるので、 そういう状況から推測(邪推)してみました(笑)
 最後の一撃で、何かに目覚めてしまうとか……ちょっと嫌かも。

高機動幻想ガンパレードマーチ春の嵐

 はじめまして。これもまた世界の選択ですね。ガンパレらしくていいと思います。特に舞のぶっ飛びっぷりが(笑)

(2006/05/07 GESPENSTさん)

 舞はいじりやすくて、ギャグにしやすいキャラですね。 今年は花粉、少なくて助かりました……(^^;)

 舞の壊れっぷり、お見事です。危うく笑死するところでした。
 善行さんのツッコミには関係者一同轟沈状態でした。

(2004/07/23 長門義経さん)

 舞は性格付けが極端だから壊しやすいんですよね。 でも書いてて楽しかった、すごく(笑)。それで笑っていただければ本望です。
 ツッコミは、作者の声を代弁してることが多い気がします(^^;)

アカイイト・アオイシロじぇねれーしょんぎゃっぷ?

ノゾミちゃんとユメイさんのお約束なボケッぷりがラブリーです(笑)

しかしノゾミちゃんはともかく、ユメイさん人の道を踏み外したらイケないよ〜〜(汗)
あと、桂も容赦無いな〜(苦笑)

(2006/3/29 名無しさん)

10年前と今とを比べて、一番変わったものってなんだろうな、と考えて出てきたアイテムが携帯電話でした。 昔は誰も彼もが携帯電話を持ってるなんて想像できませんでしたからね。
ユメイさんは、桂ちゃんのためならなんでもしますので(爆)。 だいたい、桂が経観塚に来た途端に現れるなんて、常日頃桂のことを見ていたからとしか思えません(笑)。

感想第一弾はこの作品で。
携帯電話というありふれたアイテムも十年前まで普及していなかったんだな〜と妙な感慨にふけってしまいました―――ていうのは嘘で、携帯をめぐるドタバタが激しく笑えました。ノゾミちゃんだけではなくユメイさんまで・・・。
個人的には車におびえるノゾミがかわいいな〜とかおもいました。
おもしろかったです。これからもがんばってください〜。

追記
そういえば、烏月さんって料理の腕ってどうなのでしょう?。よく桂の料理の腕がひどいというSSは見るのですが・・・。
これってネタになりますでしょうか?(ト○ビア風)

っと長々書いてしまいましたがそれでは。

(2006/3/25 89式さん)

書いてる本人は、「10年前って○○だったよな〜」とか、けっこう感慨深く書いてました(^^;)。すいません、年だけはくってるもんで。 車を見てびっくりするノゾミは、藤○不○夫先生の某国民的マンガのインスパイヤだったりします(^^;)。
烏月さんの料理の腕ですか……。とりあえず世間一般のことはなんでもこなしちゃいそうですよね、烏月さんってば。 とりあえず、刃物の扱いには慣れてそうだし。あ、でも、和食以外──特に洋食──のレシピは少なさそう。 家でも和食中心っぽいし。

面白かったです。
今日ゲームのノゾミルートをEDしたばかりですが、ここのHPの小説はどれも面白かったです。
これからもがんばってください。
ps:僕はウヅキが好きなので次作期待してます☆

(2006/2/28 Jさん)

ありがとうございます。感想をいただけるのは、なによりの励みになります。
私も烏月さん好きなので、ご安心ください(笑)。
(と言っても、最近プレイしてないんでネタ切れ気味ですが……)

マリア様がみてるCross her minds

 はじめまして、いつも楽しく感動しつつ小説を 見させて頂いています。お書きになられている小説で どの小説が好きかというと、どれも楽しかったり感動 したりして難しいのですが、「いばらの森」で悲しい 別れ方をした聖のお話は、やはりその後どうなるのか と思うと、「いばらの森」の作者の星が、結局、 サオリと再開できたのが、サオリが学園長になり 2人とも遅すぎた再開を果たしたのを考えると、 聖が栞と再開できたとしても、やはりそうなるの だろうかと悲しくなってしまいます。
 そう思っていたらこの小説を見て、それぞれが それぞれの道を歩む中、友達として新たな関係を 築く形で再開をできた聖と栞のお話は、とても 嬉しく感動的でした。長文になりましたが、 とてもいいお話をありがとうございました。

(2005/12/30 優さん)

この話をかいたきっかけは、やはり 「このまま二人を別れさせたままにするのはかわいそうだ」 という気持ちでした。 ただ、すぐに会わせても気持ちの整理ができないだろうと考えて、 少し未来の話にしたのです。 そのことで、お互い、いろいろ考えることができて、 良い形での再会ができた、と思っています。

昔に書いた物なので、文章はこなれていない部分が多いですが、 自分でも気に入ってる話なので、こうやって感想をいただけて すごく嬉しいです。

「私は、聖とは、友達になれなかったから」
の一言に、がつんとやられました。
でも聖と栞が本当にこんな風に幸せになれたらいいなぁと思います。

(2004/11/07 ぽたぽた焼さん)

 あのセリフは、二人がもう少し時間を経ってから再会したらどうなるか、ということを考えて書いてたら、自然と出てきました。
 自分でも気に入ってる話なので、気に入っていただけて、嬉しいです。

アカイイト・アオイシロあけび

お初に書き込みさせてもらいます。

SS拝見しました。甘々でGJです。
だけどそんな取り方をしたら余計にべたべたになってしまうようなw…。

(2005/12/10 toppoiさん)

 自分の中では珍しい甘々な話になりました。 というか、柚明さんを話に持ってくると、どうしても甘やかすシーンしか思い浮かばない……。
 あの後、口の周りをどうしたのかはご想像にお任せします(^^;)。

マリア様がみてるお姉さまの悪戯

面白かったです!!二人の掛け合い最高でした!!
あんな展開になるとは・・・いや、意外でした!
他の作品もこれから拝見させていただきます!!

(2005/11/26 空我也さん)

 いつもは上からも下からも攻められてる令ちゃんが不憫で……。
 ちょっと逆襲させてみたのですが、やっぱりダメでした(笑)。

カレイドスター:Over the sky

はじめまして。そらの名前からいろんな面へ心のふくらみを抱けた、爽やかな読後でした☆
他作品も読ませて頂きますが、今年もOVAもあるし、カレイド続編にも期待します!!

(2005/05/20 外堀シーンさん)

> そらの名前からいろんな面へ心のふくらみを抱けた、爽やかな読後でした☆
ありがとうございます。
あとがきにも書きましたが、もともとは平気で日本語を話していることに
ついての疑問というか違和感から思いついた話です。
短い話ですが、楽しんでもらえたようで何よりです。

> カレイド続編にも期待します!!
こればっかりは、神様が降りてくるかどうかにかかってるので、なんとも(^^;)。
OVAは楽しみにしてるんですけどね。

最近加入したCATV(キッズステーション)で、カレイドスターが再放送していて、 たまに放送中にチャンネル合わせると、ついつい見続けちゃったり しています(^^;)。やっぱり面白いですわ、この作品。

このカレイドスターノーペル
私しはじめで見た
すごいよ〜〜
かんぱでね

(2004/12/04 桃宮いちごさん)

 なんだこれ……と思ったら、どうも、台湾の方のようで。 わざわざ日本語での感想、ありがとうございます。読むのだって大変だったでしょうに(^^;)

高機動幻想ガンパレードマーチ流れ星をください

 はじめまして、芝村警視です。
 マリみてSSリンクからとんできたのですが、こちらにも立ち寄らせて頂きました。
 とてもほのぼのしていて、学兵で、いつ戦闘が始まるかも分からない中でも、こうして高校生らしさ、そして、戦争の消耗品としてではなく人間としての生活もあるのだなぁ、と考えていると、胸にこみ上げてくるものがありました。

(2004/07/30 芝村警視さん)

 森さんの誕生日ということで、ちょっとファンタジィちっくに仕上げた作品でした。 戦争をしてる彼らに、ほんの少しでも安らぎを与えることができれば……。 そんなことを思って書いてましたね。 ほら、あのゲーム、本編も結構殺伐としてきちゃいますし(^^;)

文月の本棚: ガンパレ シュガー 灰羽連盟 マリみて アカイイト・アオイシロ その他 オリジナル
表紙 PC 小説 不定記 伝言板 Gift リンク about