灰羽連盟 SS
ある朝のラッカ

 落ちてゆく。
 定規で線を引いたようにまっすぐに落ちてゆく。
 どこまでも。どこまでも。
 怖くはないけれど、体がとても冷たい。
 鳥が私のことを見ている。
 ……何かを伝えたいんだろうか。
 でも、その声は届かない。私の声も届かない。
 落ちてゆく。
 どこまでも。どこまでも。

 不意に。視界が開けた。

「きゃあっ!」
 ドスン!
 体が何かにぶつかった。
「いたたた……」
 ゆっくりと目を開ける。
 視界に飛び込んできたのは、薄汚れた天井。
 ゆっくりと視線を動かす。左へ。
「……ベッド?」
 ようするに。これは。
「……起こしに来る必要、無かったみたいね。」
「れ、レキ!」
「おはよう、ラッカ。気持ちのいい目覚めだね」
 ニヤニヤしながらレキが言った。
「うー」
 上半身を起こして、上目遣いにレキをにらむ。私がこんなことしても、ぜんぜん迫力ないって、わかってるんだけど。
「……いつから見てたの?」
「ん? いや、扉を開けたら、ラッカがベッドの上でもぞもぞと動いてて、そしたらだんだんと体がベッドの左側に寄っていって、そしたら……」
「……見てたんなら、落ちる前に起こしてよぉ」
「悪い悪い。あんまり面白かったんでつい見惚れちゃって」
「もう……。あ、い、言わないでね」
「わかってるよ。しかし、いくら名前がラッカだからって、ほんとに落ちるかなあ。アハハハっ」
 自分の台詞に自分でウケているレキ。あいにくこっちはちっとも笑えない。
「レキー、あ、ラッカも、おっはよー!」
 そのとき、レキの後ろから声がした。
「おはよう」
「あ、クウ、おはよう」
「……ラッカ、なに床に座ってるの?」
「え、えっとね、これは……その……」
「いやぁ、ラッカの奴さぁ……」
「もう、レキってば! 言わないでって言ったじゃない!」
 思わず大声を出してしまう。
「あー、なんかあっやしいんだ〜」
「クウまで〜。そんなんじゃないんだってばぁ……」
 でも、クウはもう次のことに興味が移ったのか、レキと私の横をすり抜けて、洗面所に向かって走って行った。「あっさごはん〜」とか歌いながら。
「ほら、起きなよ」
 そう言ってレキは手を差し伸べてくれた。なんだかんだ言っても、こういうところ、優しいんだよね。
 私がその優しさに甘えて、レキの手をつかむと、レキはゆっくりと私の体を引き上げた。
「何か、夢でも見ていたの?」
「え、う、ううん、別に」
 繭の中で見た夢をまた見ていた事、本当は覚えている。だけど、それを言ったらまた笑われそうだったので、私は笑ってごまかした。……ごまかせたかどうかは別として。
「カナとヒカリももうすぐ来ると思うよ」
 洗面所から顔を出してクウが言った。
「ネムは?」
「わっかんないー。ネムだしなぁ」
「あ、じゃぁ、私、起こしてくる」
「あ、ほんと? じゃぁ、ラッカ、頼むわ。一筋縄じゃ起きないから、覚悟しなよ」
「うん!」
 廊下を出て階段のほうへ向かって走り出す。
「階段から落ちないようにねー」
「えっ?」
 つい声のしたほうへ顔を向ける。でも足は階段を降りようとしていて……。
「きゃあっ!」
 ドスン、ドスン
「いたたたた……」
「……大丈夫? なんか派手に落ちたみたいだけど?」
 頭のすぐ上から、ヒカリの声がした。
「う、うん……。ごめんね。びっくりさせちゃって」
「いくら名前がラッカだからって、階段からは落ちないように気をつけなくちゃね」
 ……あぁ、反論できない。
 夢ってこのことを暗示してたのかな? とにかく今度は慎重に降りるようにしないと。

 で。慎重になりすぎて。
 ネムを起こすのが随分と遅れて、結局わたしまで朝ごはん抜きで出かける羽目になった事なんて、書かなくてもいいよね……だめ?

- fin -

あとがき


 感想などありましたら、 掲示板 か メールでお願いします。
 また、下記のフォームでも送れます。
 お名前:
 E-Mail: ※必須ではありませんが、書いていただければ必ずお返事します。
 URL: ※Webサイトをお持ちでしたら教えてください。
 気に入った点があれば教えてください: 登場人物 ストーリー 文体 セリフ 設定 その他
 コメントがあればお書きください。厳しいご意見も大歓迎です。
  
 コメントをWebで公開したくない場合はチェックしてください

文月の本棚: ガンパレ シュガー 灰羽連盟 マリみて アカイイト・アオイシロ アイドルマスター その他 オリジナル
表紙 PC 小説 不定記 伝言板 Gift リンク about