カレイドスター SS
ロゼッタの すごい バレンタイン

「あと二日……」
 カレンダーを覗き込むのはこれで何度目だろう。2月14日の所につけられた赤い二重丸。その日まであと二日しかない。
 振り向けば、キッチンには散乱したチョコレートの残骸。こう見えても手先の器用さには自信があったんだけど(ディアボロで鍛えてるもんね)、お菓子作りというのは、それとは別次元のスキルが必要なんだと思い知らされてしまう。
「やっぱり、売ってるチョコのほうがいいかなあ……」
 頭をよぎる気弱な考えを、頬をパチンと叩いて追い出す。
「ううん、決めたんだもん! 手作りチョコをそらに渡すって!」
 ロゼッタ・パッセル、一世一代の大勝負!

 話は数日前にさかのぼる。
 二月に入ると、街はどこか浮かれ気分になる。もちろん、バレンタイン・デーが近づくから。ケーキ屋さんはここぞとばかりに新作のチョコレート・ケーキをディスプレイし、いつも買い物にいくスーパーマーケットにもチョコレートを陳列した棚が作られている。
「そっかー、そろそろバレンタインなんだね」
 一緒に買い物に来ていたそらが言った。
「そらは誰かにチョコあげたりするの?」
「んー、特に、って相手はいないかなー。あ、でも、カレイドステージのみんなには渡すつもりだよ」
「なにそれ?」
 そらの意図がよく分からなかったので、訊いてみる。
「いや、いつもお世話になってるわけだし……あ、もしかして、そういうの、良くないかな?」
「そういう目的なら、こっちではメッセージカードなんかを渡すことが多いわよ」
「メッセージカードか、なるほど……。ところで、ロゼッタは誰かにあげたりするの?」
「な・い・しょ」
「えー、そんなー。教えてよ。ね、ね、誰にあげるの? もしかしてレオンさん?」
「ひ・み・つ」
「じゃあ、じゃあ、ユーリさん?」
「ふっふーん」
「ま、まさか、オーナー?」
「いや、サラさんいるし」
「あとは……あとは……わかった!」
 どきりとする。当てられたらこの計画はおしまいだ。
「ジョナサンでしょ!」
 ……ほんの少しだけ、ケンがかわいそうになってきた。
「うまくいったら、そらにも教えてあげる」
 そらが鈍くて助かった。そして、そらには今好きな人はいないのが分かってよかった。だったら、私にもチャンスはある。待ってて、そら。私の気持ち、ちゃんと伝えるから。

 そして、今に至るわけ。決めたのはいいけど、そううまくは行ってくれないのが現実というやつで。
「ほう、チョコレートか。いい季節になったものだな」
「……何よ、フール」
 突如目の前に現れた、小さな妖精、フール。ステージの精だというけど、普段の言動はとてもそうとは思えないくらい、軽い。
「もっちろん、私にくれるんだよねー、ロゼッタ」
「あなたの分はありません!」
「えー、そんなー」
 滝のような涙を流すフール。
「そらにもらえばいいじゃない」
「あー、だめだめ。そらってば、バレンタインもお構いなしに練習練習、なんだから」
「ステージの精としては喜ぶべきことなんじゃないですか?」
「それはそれとして。男にとって、バレンタインってのはやっぱりこう、特別な響きがあるのだよ!」
「……女の子だって、同じよ」
 そう。男の子はもらえるのを待ってるだけだけど、こっちはただ一人に渡すのが目標なんだから。
「それにしても、ひどいありさまだな」
「うるさいわね」
 キッチンには、溶けかけだったり、溶けてまた固まったりしたチョコレートとボウル、それからパッケージの紙箱などが散乱していた。あとで掃除するのが大変そう。
「そもそも、どんなチョコレートを作ろうとしているのだ?」
「それは……ハート形のやつを……」
 私の指がさす先には、買ってきたハート形の型。そのまわりにも溶けて固まったチョコがあちこち飛び散っている。
「温度計は……さすがにあるか」
「そこまで間抜けじゃありません!」
 一応、レシピ本は買ってきたから、必要な道具は一通り揃っている。
「でも、本を見ながらやると、どうしても本と実際の材料と、意識が分散しちゃって駄目なのよー。慌ててやると変なダマができたり、水が入っちゃったり……」
「なるほど、つまりロゼッタはこう言いたいわけだ。私に手伝ってほしいと」
「え? フール?」
「私がレシピを指示して、ロゼッタが動けば、気が散ることも無かろう」
「フール……ありがとう!」
「そ・の・か・わ・り」
「分かってるわよ。フールの分も作ってあげる」
「やった〜」

 ジリリリリリリリン! ジリリリリリリリン!
 けたたましい目覚ましの音で、私は目を覚ました。窓からは眩しい朝の光が射し込んでいる。
「う〜、眠い〜」
 朝だというのに、私の頭はぼやけたまま。普段は寝起きはいい方なんだけど。
「やっぱり2時頃まで起きてるとつらいなぁ……」
 そう思いながら、冷蔵庫を開ける。中には、夜更かしの原因──ハート型に固められたチョコが置いてあった。
「よかった、ちゃんとできてる」
 見るだけで、思わず顔がにやけてしまう。今日は2月14日。どうにか間に合った。
「ま、この私が手伝ったんだ、それくらい出来て当然だな」
「って、フール、いつからいるのよ……」
「さっきから」
 なんだかなー、この妖精は。
「それにしても、ずいぶんとひどい顔だな。一面に『寝不足です』と書いてあるぞ」
「あー、やっぱり分かっちゃうか」
「そうだな、眠気覚ましにシャワーでも浴びるというのはどうだ?」
「うん、そうするわ」
 私はそら直伝の技でフールを縛り上げると、バスルームへと向かった。部屋の方からわめき声が聞こえるけど、聞こえないことにしておいた。

「ふあぁぁぁぁ」
「どうしたの、ロゼッタ。大あくびなんかして」
「あ、そら……ううん、なんでもない。大丈夫」
 いけないいけない、本番直前だというのに、こんな事じゃ。わたしは気を引き締めた。
 ジー、という、開幕を告げるベルが鳴る。いよいよだ。
「今日もがんばろうね、ロゼッタ」
「うん!」
 そらと一緒にステージに飛び出す。ジャンプ。小さなトランポリンに同時に着地。その反動を使ってさらに高いジャンプ。飛んだ先には空中で動く大きな二枚の板。一枚には私が、もう一枚にはそらが飛び乗る。
 同時に、ミアやアンナ、メイたちがステージの周囲に巡らされたトランポリンに飛び乗る。そして、天井から降りてきたブランコに乗っているのはレオン。舞台は整った。
「いくよっ」
 そらがディアボロを私に向かって投げる。私も手にしたディアボロをそらに。
 飛んできたディアボロを受け止める。すぐにスティックを引いて回転をつける。勢いがついたところで、両方のスティックを左右に引っ張る。ディアボロは勢いよく、真上に飛んで行く。
 真上にはレオン。ブランコに乗ったまま、ディアボロを受け止める。ほとんど未経験だったディアボロをあっさりとマスターしてしまった、やっぱりこの人は凄い。
 関心している場合じゃない。そらの操っていたディアボロが私に向かって飛んでくる。
 受け止めると同時に、私ごと大きく一回転。そのままそらにディアボロを返す。同時に、上から降ってくるレオンのディアボロを受け止める。
 ここまではほんの序の口。周囲で踊っていたメイから、もう一つのディアボロが投げられる。続いて、ミアからも、アンナからも。
 合計8個のディアボロが、ステージの上を、下を、縦横無尽に飛びかう。それを不安定な足場で受け止めるのは私にとっても楽な仕事じゃない。もちろん、失敗するつもりはさらさら無いけど。
「はっ!」
 そらが高くジャンプする。それを上にいるレオンがキャッチ。二人分の重量を得たブランコは、勢いを増して大きく揺れる。
「えいっ」
 タイミングを見計らって、ディアボロをトス。それを空中にいるそらがキャッチ。そして、ブランコの上でレオンが大きく回転して、そらを真上へと投げる!
 高く舞い上がったそらは、その頂点で、ディアボロを私に向かって発射した。少し、高い。私はジャンプして、それを受け止める。あとはこれを、落ちてくるそらに向かって──え?
 着地と同時に、私のバランスが崩れる。揺れている板が、予想以上に傾いていた。このままじゃ!
 私は精一杯の脚力でジャンプした。飛んで行く先にはそら。お願い、受け止めて!
「ロゼッタ!」
「そら!」
 だめだ。この距離じゃ届かない──私は、精一杯手を伸ばした。
 がしっ。手首を掴まれる感触。そらの手だ。私もそらの手首を掴む。そして、そらの方を見ると──そらも宙を舞っていた。
 このままじゃ、二人とも、落ちる──そう思った瞬間、上から引っ張られる感覚が。何かと思って、上を見ると、そこにはブランコに脚を掛けてぶら下がったレオンがいた。レオンはそらの左手を掴み、そらの右手が私を掴んでいる。
 レオンがそらを掴んだのは一瞬。でも、その一瞬で十分だった。レオンが手を離すのと同時に、そらも私の手を離す。私もそらの手を離すと、落ちた先にはしっかりと元の板があった。
 着地と同時に歓声と拍手が場内を包む。私とそら、レオンは手を振ってその喝采に答えた。

「それでは、解散!」
 ステージ終了後の反省会。カロスの声がミーティングルーム内に響きわたると、皆がざわざわと席を立ち始める。
「ロゼッタ、今日はどうしたの? 体調良くなかった?」
 そらが小声で訊ねてくる。私の失敗については、当然議題に上げられたけど、そらとレオンのフォローのおかげで、大失態とまでは行かずに済んだ。あとでレオンにもありがとうと言っておこう。
 でも、その前にやらなくちゃいけないことがあった。
「ううん。それより、ちょっと待っててくれる?」
「え、うん。いいけど」
 私は急いでミーティングルームを出ると、給湯室に向かった。目指すはそこにある冷蔵庫──扉を開くと、ラッピングされた箱が一つ。もちろん、私が作ったチョコだ。
 チョコを手に取ると、ミーティングルーム目指して走る。そらは喜んでくれるかな? どんな顔して食べてくれるかな? ほんのわずかな距離を走るだけなのに、ドキドキが止まらない。ステージに上がるときよりも緊張しているのが分かる。
「お待たせ、そら!」
「あ、早かったね。どこ行ってたの?」
 部屋の中には、そらと、何人かが残っているだけだった。
「えへへー、あのね、はい、これ!」
 持っていたチョコをそらに差し出す。でも、そらは、
「へ? なに? なに?」
と、まるっきり分かっていない様子。
「もー、バレンタインのチョコよー」
「え? バレンタイン? あ、今日って14日だっけ」
 そばにいたミアとアンナがため息をつくのが聞こえた。
「えーと、ありがとう、ロゼッタ。開けてもいい?」
「うん!」
 リボンを引っ張って、そらがラッピングをほどいていく。程なくして、中からハート形をしたチョコが出てきた。
「わ、すごーい」
「良かったー、がんばって作った甲斐があったわ!」
「え、これ、ロゼッタの手作りなの?」
 ヒューヒュー、と冷やかしの口笛が周りから聞こえてくるけど、今は気にしない事にした。
「うん。今朝の2時過ぎまでかかったんだ」
「2時?」
「チョコ作るのなんて初めてだったから。あ、でも、味は悪くないと思うよ?」
「…………」
 あれ? そらの動きが止まってる。どうしたんだろう。何か変な風になってたかな?
「そら、食べてくれないの?」
「ロゼッタは、チョコ作りのために、夜中までずっと起きてたんだ」
「う、うん」
「それで、ステージの本番で集中力を欠いて、ミスをした、と……」
「そ、それは……」
「バカっ!!」
 なに? そら、何を言ってるの?
「どうして大切なステージのある日に、そんなことするのよ! 今回はわたしとレオンさんがサポートできたから良かったけど、もしできなかったら、ロゼッタ、大怪我してたかもしれないんだよ!?」
「そ、それはそうかもしれないけど、でも、でも」
「ステージが危険と隣り合わせな事はロゼッタもわかってるでしょ? それになにより、わたしたちが一番大切にしなくちゃいけないのは、ステージを見に来てくれたみんなの笑顔なんだから」
「分かってる、けどっ……」
「わたしたちが全力を出さなきゃ、見に来てくれた人たちを、心の底から笑顔にすることなんてできない。それなのに──」
「分かってる、わよっ!」
 もうそらの言葉は聞きたくない。私は無我夢中で走り出した。こんな──泣き顔なんて、絶対に見られたくなかった。

 どこをどう走ったのか。疲れ切って立ち止まったのは、丘の上にある小学校の前だった。
「ここって、確かマリオンの通ってる……」
 だとしたら、奥にはあのブランコが──そらと一緒に初めて漕いだブランコがあるはず。私は勢いをつけて校門を飛び越えると、一直線にそのブランコを目指した。
「……あった」
 そこには、前と変わらない、子供用の小さなブランコがあった。もちろん、こんな夜中に乗っている人はいない。時折、風が吹いて小さく揺れるだけだった。
 そっとブランコに腰掛ける。ブランコを釣っている鎖が、ギシッと小さな音を立てた。そのまま、ゆっくりと膝を曲げてブランコを漕ぎだす。ゆっくり、ゆっくり。ブランコは、少しずつ、スピードと高さを上げていく。
 ブランコはいつのまにか限界近くまで大きく触れていた。最高点に達したところで首をひねると、カレイドステージに灯る明かりが見えた。
 あそこは、たくさんの笑顔がある場所。お客さんの笑顔、スタッフやオーナーの笑顔、そしてステージに立つみんなの笑顔。
「ねえ。大好きな人の笑顔は望んじゃいけないの?」
 誰もいない暗闇に話しかける。もちろん、答えは無い。
 そらは、みんなの笑顔が大事だと言った。でも、今の私には、そらの笑顔が一番で。
 真のカレイドスターになるということは、その笑顔を手放さなくちゃいけないのかな?
「そんなこと無いよ」
 すぐ隣から声が聞こえる。誰もいないはずなのに。
 振り向くと、もう一つのブランコを、そらが漕いでいた。
「そら……」
「ごめんね、ロゼッタ。あんな事言っちゃったりして」
「ううん、私こそ、ごめんなさい……」
 そのまま二人とも黙ってしまう。いろいろ話したいのに、うまく言葉にならない。ブランコが風を切る音と鎖がきしむ音だけが聞こえてくる。
「ミアとアンナにね、怒られちゃった」
 口を開いたのは、そらの方が先だった。
「ロゼッタの気持ちをよく考えろ、だってさ。そうだよね、ロゼッタはわたしのためにあそこまでしてくれたんだよね」
「それは……」
 改めて言われると、とても照れくさい。
「もし、あのままだったら、わたしは、ロゼッタの笑顔を失うところだった。笑顔が見れなくなるのは寂しい。それが、好きな人の笑顔だったらなおさら」
「えっ!!」
 思わず、足を地面につけてブランコを止める。い、今、なんて言ったの、そら?
「わたしは、ロゼッタと一緒にステージに立っていたい。ロゼッタとわたしの笑顔で、ステージを幸せにしたい。ダメかな?」
 そらもブランコを止めると、立ち上がってそう言った。わたしも立ち上がって、そらに向き合う。
「私も……私も、そらと一緒にステージに立ちたい!」
「うん!」
 そらが、手をさしのべる。私も手を差し出す。手を掴んだとたんに、私の腕はそらに引っ張られていた。思わずバランスを崩してしまう。次の瞬間、わたしの体はそらの腕のに包まれていた。
「えっ、えっ、あっ……」
 そらに……抱きしめられていた。やわらかなそらの体が、わたしの体と一つになる。温かくて、気持ちいい。
 でも、それで終わりじゃなかった。
「チョコ、ありがとうね、ロゼッタ」
 私の耳元でそらがささやく。そして、私の頬に、一瞬だけど柔らかい感触が。
「え、え、あの、えーと……」
 今の……キス、だよね? ど、どうしよう。顔が熱くなっていく。体中の血液が顔面に集まってきちゃいそう。
「わ、ロゼッタ? ご、ごめん!」
 え、なんで謝るの? そら。
 と、私の頬を何かが流れていくのが分かった。……私、泣いてるの?
「ううん、違うの、そら」
 そう、この涙は、嬉しいから。
 気持ちが伝わるのって──こんなに嬉しいことだったんだ。
「さ、帰ろう。こんな所にいつまでもいたら風邪引いちゃうよ」
 そらが手をさしのべる。私はその手を取る。そして、私たちは手を繋いだまま寮へと歩いていった。
 帰ったら、レオンやみんなに、もう一度謝ろう。そして、明日からは、もっと、一生懸命やるんだ。ステージに来てくれたみんなのために、そしてそらのためにも──。

- fin -

あとがき


 感想などありましたら、 掲示板 か メールでお願いします。
 また、下記のフォームでも送れます。
 お名前:
 E-Mail: ※必須ではありませんが、書いていただければ必ずお返事します。
 URL: ※Webサイトをお持ちでしたら教えてください。
 気に入った点があれば教えてください: 登場人物 ストーリー 文体 セリフ 設定 その他
 コメントがあればお書きください。厳しいご意見も大歓迎です。
  
 コメントをWebで公開したくない場合はチェックしてください

文月の本棚: ガンパレ シュガー 灰羽連盟 マリみて アカイイト・アオイシロ アイドルマスター その他 オリジナル
表紙 PC 小説 不定記 伝言板 Gift リンク about